「FUTON」 中島 京子

2011.09.13 Tuesday

0
    中島京子さんのデビュー作「FUTON」は田山花袋の「蒲団」をベースに、「蒲団」の主人公の妻の視点から描かれる物語と、現代のアメリカ、日本の人たちが交錯するちょっと不思議なお話です。


    「FUTON」あらすじ


    田山花袋の「蒲団」を研究する日本文学教授・デイブは、美しい日系の学生・エミに恋をする。2人の中は順調だったが、奔放なエミは他にも日本人のボーイフレンドを作っており、やがてエミは日本人のボーイフレンドを追って音信不通に。デイブは日本で開催される学会にかこつけて、エミを探しに、彼女の祖父がすむ「鶉町(うずらまち)」を訪れる。

    一方、90歳になるエミの曽祖父・ウメキチは、画家だという若い女性、イズミから昔の話を聞かせてほしいといわれ、戦時中に愛した女・ツタ子のとの思い出を語り始める…。


    妻の視点から観た小説、「蒲団の打ち直し」


    いくつもの話が独立しながら、時に交錯していき、不可思議で心地良い、中島さん独特の世界観を紡ぎだしていきます。この不思議で切ない物語の構成は、デビュー作からつくられていたんですね。

    アメリカ人の日本文学研究家デイブとエミ、ウメキチとイズミ、そして「蒲団の打ち直し」の主人公と妻。
    一見、なんのつながりもない出来事が、悲しみや愚かさを纏いながらも、最後にはすとん、とあるべきところへおさまっていくのが心地良かったです。

    この、「FUTON」の世界観の軸をささえるのが、デイブが妻側からの視点で描いた小説「蒲団の打ち直し」。
    作中作として登場するのですが、これが面白いんです!( ̄▽ ̄)

    私は田山花袋の小説「蒲団」を読んだことは無いのですが、この妻視点の「蒲団」は、奔放な女弟子に翻弄される夫を、あきれつつも支える妻の姿が描かれています。夫や女弟子から旧式だと、やや見下されている女性ですが、ヘタレな夫をささえながら彼女なりに精一杯、生活を送っている姿は、明治女性の強さや、しなやかさを感じました。本家の「蒲団」と比較してよんでみたくなります。

    今まで読んだ中島作品の中でも、かなり面白い作品でした。

    FUTON (講談社文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/8/4 21:54時点)




    しかし、田山花袋の「蒲団」て、結局のところ女弟子が彼氏とやったかどうかについて、みんなで思い悩む話なんだよね。現代じゃ考えられん貞操感だよなあ。

    蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)

    中古価格
    ¥31から
    (2018/8/4 21:56時点)




    「のろのろ歩け」→
    「小さいおうち」→
    「エルニーニョ」→
    「女中譚」→
    「冠・婚・葬・祭」→
    「花桃実桃」→

    JUGEMテーマ:小説全般

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    中島京子氏の作品です。実質的なデビュー作であるらしいです。 題名は「FUTON...
    • はてさてブックログ
    • 2011/09/14 11:08 AM
    この記事のトラックバックURL