2011.09.11 Sunday

僕僕先生シリーズ『先生の隠しごと』 仁木 英之

僕僕先生シリーズ「先生の隠し事
前回、苗族の旱魃騒動をなんとか収め、縁のあった王女の結婚を見届けると、僕僕一行はまた旅を再開します。

『先生の隠しごと』あらすじ


旅の途中、僕僕一行は賊に襲われた村でただ一人生き残った少女・蒼芽香(そうがこう)を助け、旅の道連れにする一方、「諸人の王」を名乗る王ラクスのいる国・ラクシアへ向かいます。そこには人々を縛る税も法も、搾取する官吏もいない。一見王道楽土に見えるこの国だけれど、王弁たちはどこか居心地の悪さを拭えない。

しかし、僕僕先生はラクスのことが何か気になる様子で、いきなりラクスと結婚をすると宣言!(((( ;゜Д゜)))
僕僕先生を慕う王弁はショックを隠し切れない。一方、ラクシア国の「居心地の悪さ」を調べはじめた劉欣から、ラクスの意図に沿わないものたちが無理やり銀山で働かされている事実を知らされる。
王弁は彼らを解放し、ラクスから先生を取り戻すことができるのか…。

先生の隠しごと―僕僕先生
仁木 英之 新潮社 売り上げランキング: 78001


ラクスの言っている言葉は、確かに正論ではあるけれど、その裏には彼の意に反する者には容赦がない制裁を加え、結局は恐怖で人を縛っている。

みんなその違和感を感じているのに、僕僕先生だけはラクスにかつて同胞であった古(いにしえ)の神に似たものを感じ、ラクスの間違いをわかっているのだけれど、なかなか受け入れられないんです。

そのあたりがもう焦れったいー!先生、早く気づいて!(ノ>д<)ノ゙

それにしても薄妃は女子力高いよなあ。抑圧されたラクシアの女性たちに綺麗な衣を織ってあげたり、王弁くんに恋のアドバイスをしたり、今回一番冷静だったのは薄妃かも。失恋の傷は結構癒えている様子。大人びたところのある蒼芽香とはいいコンビですね。( ̄▽ ̄)


「僕僕先生」→
「薄妃の恋」→
「胡蝶の失くし物」→
「さびしい女神」→
「鋼の魂」→

JUGEMテーマ:ファンタジー

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment
こんにちは。
いつも展開にドキドキしますが、今回は特にどうなるんだろうとヒヤヒヤしました^^;
先生ってば何を考えているんだろう・・・と思ったのですが、先生も女性だったんですね・・・。
今回は薄妃が大活躍でしたね。登場したばかりの時は儚げでいつ消えてしまうんだろうという危なげな感じもありましたけど。薄妃も幸せになってほしいです^^
  • 苗坊
  • 2011/09/12 09:53
先生も長く生きていて、背負っているものがたくさんあるので、時には冷静な判断ができないのか、わかっていてもどうにもならないのか…。読んでいるこっちもあせりました。

薄妃にはすてきな彼氏が現れるといいですね。
劉欣…、じゃ手近すぎですし…。
  • 日月
  • 2011/09/13 20:28





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946420
先生の隠しごと―僕僕先生著者:仁木 英之新潮社(2011-04)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る あなたの傷が深いほど、彼の言葉は優しく響く。その名はラクス、見目麗しき光の王―彼がプ ...
  • 苗坊の徒然日記
  • 2011/09/12 9:49 AM

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM