2011.11.06 Sunday

「続 花福日記 お花屋さんのあたふた毎日」 花福こざる

花屋を営むこざるさんのエッセイマンガ「花福日記」の続編「続 花福日記 お花屋さんのあたふた毎日」。最初の「花福日記」があまりに面白かったので、読み終わってすぐ続編を買いました。

こざるさんと店長のお花屋ライフの他、猫の直角やふくちゃんのお話や、ちょっと不思議な登場人物たちがおりなす季節の草花の話。花の育て方やアレンメント花束のお手入れ法など、役立つ情報も。

花屋のお仕事


「花屋のお仕事」では花福の一日を紹介。店頭でお花を売るだけじゃなく、仕入れや花の水揚げ、事務仕事など、お花屋さんの仕事はたくさんあるんですね。そして、ご飯を食べているときに限って客が来るんだよね(^^)

そして、花福ではよくお客さんに道を聞かれるそう。確かに私も道に迷うと花屋さんに聞きます。なんか、聴きやすいんですよね。

花福と愉快な仲間たち


「花福日記」には、noriさん(torappachi)や、くるねこ大和さん(くるねこ)など現実のお友達もでてきますが、なかには不思議なお客さんも花福を訪れます。近くの洗足池に住んでいるカッパくんや謎のアルバイト・ジョリーくん、小松さんなど、不思議なキャラクターたちは、なんだか花福にいったら実際にいそうな気がします。
私はぷぷぷくでかわいい、妖精の「兄弟」たちに会いたいな。

「花福日記」を読むと、街中にある草花の名前や、季節の移り変わりに目がいくようになって楽しい。
普段、気がつかないだけで街にもたくさんの草花があるんですね。


毎日、寝る前に読んでます。癒されるのです。(^^)

続 花福日記 お花屋さんのあたふた毎日
花福 こざる イースト・プレス


花福日記――お花屋さんの春夏秋冬――
花福こざる イースト・プレス 売り上げランキング: 54130


前作はこちら
「花福日記―お花屋さんの春夏秋冬―」→
花福一家と老猫とのほのぼの日常「花福ねこ日記」→

こざるさんがイラストを描いた吉行和子さんのエッセイ。
「質素な性格 欲は小さく野菊のごとく」→


レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment
こんばんわ。お久しぶりです。
ブログは毎回楽しく読ませていただいているのですが・・・
「花福日記」2冊目出たのですね。
一冊目、何だか表紙の絵が気になって(猫も出ているし)買ってみたのですが、飄々とした雰囲気が好きだったんですよね。
>街中にある草花の名前や、季節の移り変わりに目がいくようになって楽しい。
そうですよね。私も、もっと花の名前とか知りたいな〜って思います。
早く2巻も読みたいわ〜

きこりさんへ
2巻も面白いです!ぜひお買い求めください。(^^)
普通の花屋ライフの他に、ちょっと不思議なキャラたちがでてくるのが好きなんですよね。
  • 日月
  • 2011/11/06 21:43





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946443

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM