「星と輝き花と咲き」  松井 今朝子

2011.10.13 Thursday

0
    明治時代のアイドル、女義太夫・竹本綾之助の半生を描いた「星と輝き花と咲き

    「子供の頃から容姿と才能に恵まれ、衝撃的なデビューを果たし、その人気の高さから若い男子学生の追っかけがつくようになる。しかし、人気絶頂で妊娠発覚、結婚を気に引退するものの、10年後に復活。」

    こう書くと、なんだか現代のアイドルのようですが、実はこれ、明治時代の女性芸人・竹本綾之助の半生です。
    浄瑠璃を語る女義太夫は当時人気の芸能人でした。中でも綾之助の人気は絶大で、彼女を目当てに劇場で騒いだり、人力車を追いかける学生たちは「ドウスル連」や「追掛連」と呼ばれていたそうです。
    ドラマ「坂の上の雲」でも、書生時代の秋山真之が寄席で娘義太夫を贔屓にしているシーンがありました。

    綾之助は、小さい頃から浄瑠璃で天賦の才能を発揮し、その才能を見込んだ世話人・近久によって女浄瑠璃の世界へ見を投じる。やがて綾之助の浄瑠璃は爆発的な人気を博し、若い書生たちからミューズのごとく崇められたり、強引なアプローチを受けるが、綾之助自身は浄瑠璃ひとすじ。しかし、ある時、贔屓の学生の友人・石井健太と出会い、恋に落ちてしまう…。

    明治期の描写はすばらしく、臨場感があるし、明治時代のアイドルとも言うべき綾之助の人生は面白いのですが、ちょっと残念だったのは同じ松井今朝子さんの「吉原手引草」と比べると「艶」が足りない気がしました。
    吉原の女郎と女芸人の世界を一概に比べられませんが、綾之助のは浄瑠璃の修行以外の面倒事は母親お勝と側近の近久が肩代わりしてくれたし、恋人ができてあっさり引退しようとするのも、世間知らずと言えなくもない。
    綾之助もそうですが、恋人の石井も楽天的すぎて、読んでいてイライラしました。


    星と輝き花と咲き (100周年書き下ろし)
    松井 今朝子 講談社 売り上げランキング: 186127


    「吉原十二月」→
    「吉原手引草」→
    「円朝の女」→

    JUGEMテーマ:小説全般


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    「星と輝き花と咲き」 松井今朝子著 講談社 2010/09/25読了 最近で言えばAKB48、ちょっと前ならモーニング娘。でも、私の世代では、アイドルと言えば、圧倒的に聖子ちゃんだった。好きか・嫌いかは別として誰もが聖子ちゃんを知っていたし、テレビを点ければ、雑誌
    • おりおん日記
    • 2011/10/17 10:17 PM
    この記事のトラックバックURL