2011.11.05 Saturday

最高に美しい、フランス恋愛映画 [映画] 男と女

美しいフランス映画「男と女」を鑑賞。
「男と女」は、お互いに伴侶を亡くした男と女が、子供の寄宿舎を訪れた時、偶然出会い、惹かれあうストーリー。
けれど女は、死んだ夫との思い出を忘れられず…。

45年前とは思えない美しい映像とおしゃれな画面。
本当に美しいものは、時間を超えても美しいのだな、と実感した映画でした。

モノクロとカラーが入り混じる美しい画面が自然に差し替わりながら、登場人物たちの心の動きや思い出を映しだしていきます。モノクロも白黒だけではなく、シーンによって雨なら青みがかり、回想シーンではセピア、恋の場面では赤が強調されている。

とにかく、どこを切っても美しく、おしゃれ。
ホテルのレストランで食事をしたとき、「ステーキしか頼まくて悪いかしら?」と女が言うと、男はウエイターを再度呼び「それから部屋を一つ」と告げる。ここらへん、さすがフランス映画だわ。

とくにヒロイン・アヌーク・エーメの美しさといったら!コートの着こなし、たばこのくゆらせ方、どれも完璧。
愛する男と死んだ夫との思いに揺れる女性を演じています。

男と女 特別版 [DVD]
男と女 特別版 [DVD]
posted with amazlet at 11.11.05
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)売り上げランキング: 2999



JUGEMテーマ:フランス映画


Comment
車の中でジャン=ルイがいろいろ考えるシーンが好きです。モノローグというか。
美しい作品ですよね。フランス映画ならではのセンスだと思います。男も女も成熟しているというところが。
  • mayumi
  • 2011/11/08 23:20
mayumiさん
フランス映画の真骨頂のような美しい映画でした。一見、スマートなジャン=ルイですが、いろいろと手管を考えているのは、おかしいような、かわいいような(^^)
  • 日月
  • 2011/11/10 23:42





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946461
 1966年/フランス  監督/クロード・ルルーシュ  出演/アヌーク・エーメ      ジャン=ルイ・トランティニャン  40年前の作品とは思えないぐらいオシャレな映画です。  スタントマンの夫を事故で亡くしたアンヌと、妻を自殺で亡くしたカーレーサー
  • It's a wonderful cinema
  • 2011/11/06 10:57 PM

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM