ワケあり物件に住む、仕事。『東京ロンダリング』 原田 ひ香

2011.11.28 Monday

0
    『東京ロンダリング』、面白いテーマの小説でした。過去に賃貸物件で事件が起こった場合、客に提示する義務がありますが、その後、一度でも人が住んでしまえば、伝える必要がなくなる。そのため、「ワケあり物件に住む仕事(ロンダリング)」がある、らしい。

    本当かどうかはわかりませんが、もし、そんな仕事をしている人がいたら、どんな暮らしをしているのだろうか。そんな社会の片隅に生きる人にスポットを当てた作品です。

    東京ロンダリング あらすじ


    主人公・りさ子は、行き場を失い、いわくつき物件に住む「ロンダリング」の仕事をはじめる。
    家を追い出されたりさこは、不動産屋の相葉にすすめられ1年間、ロンダリングの仕事を続けてきた。

    「いつもにこやかに愛想よく、でも深入りはせず、礼儀正しく、清潔で、目立たないように。」
    りさこは、相葉からいわれた言葉に従い、淡々と気力のない生活を続ける。

    その後、ロンダリング先の下町のアパートである変化が訪れる。大家の眞鍋夫人に強引に説得され、定食屋「富士屋」を手伝うことになり、富士屋の息子・亮や周りの人達と「関わり」がうまれる。亮はりさ子に「ずっとここにいてほしい。」と告げるが、りさこはまた、そこを立ち去らなければならない。

    そんな折、仲間の菅が失踪。りさ子は急遽・菅の代役でロンダリングをしなければならなくなった。亮や眞鍋夫人に別れもいえないまま…。


    ロンダリングの果てに


    このままりさ子はまた、鬱屈をかかえながらロンダリングを続けていくのかな、それではあまりにも救いがないな、と思っていたら、亮たちとの出会いや事件をきっかけにして、りさこの中に変化が起ていきます。最後の展開は爽快感がありました。今自分がいる場所でなにができるのか考え、前向きに進んでゆくことができたのです。

    実際にロンダリングという職業があるかはわかりませんが、寄る辺のない人達が、都市のかたすみで寄生しながらいきていく生活は、先行きの不安を感じさせる反面、どこか自由な気がします。

    変死があった部屋に住むのはできそうもありませんが、知らない街で少しの間過ごし、また去っていく。そんな生活に少し憧れを感じました。

    東京ロンダリング
    東京ロンダリング
    posted with amazlet at 11.11.24
    原田 ひ香 集英社 売り上げランキング: 25570

    JUGEMテーマ:小説全般


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    一事は大人気だったミクシーさんがいよいよ終焉を迎えそうです。お疲れ様でした( u _ u ) ミクシィは25日、『「ニールセン・ネットレイティングス ネット視聴率(2011年10月度)」に関する当社の見解』と題した文章を公開するとともに、月間ログインユーザー数の推移
    • Go!Go!NEWs!!093 for ninja
    • 2011/11/29 11:10 PM
    この記事のトラックバックURL