精霊の守り人 最新作 『炎路を行く者 -守り人作品集- 』 2012年1月発売。

2011.12.10 Saturday

0
    精霊の守り人シリーズ 最新作『炎路を行く者 -守り人作品集- 』 がいよいよ2012年1月発売になるそうです。「炎路を行く者」は、「蒼路の旅人」「ヨゴ皇国」の登場人物・ヒュウゴを主人公にした物語で、上橋菜穂子先生がずいぶん前から構想を発表されていたけれど、なかなか執筆されずに、ファンの間では「幻の外伝」になっていました。それが今回ようやく発刊となりました。

    今回の主人公、アラユタン・ヒュウゴは、女用心棒バルサや新ヨゴ皇国・チャグム皇子と敵対するタルシュ国の密偵ですが、もともとはチャグムの国・新ヨゴと縁の深いヨゴ皇国の出身で、タルシュに攻められ、敵国に仕えるしか生きるすべがなかったという生い立ちを背負っています。
    敵側ながら、時にバルサと協力してチャグムを助けたりとどこか憎めない雰囲気を持つ人物。
    そんな彼の少年時代がいよいよ明らかになると思うと、楽しみです。


    炎路を行く者 ―守り人作品集― (偕成社ワンダーランド)
    上橋 菜穂子 偕成社 売り上げランキング: 9183


    「精霊の守り人」→
    「闇の守り人」→
    「夢の守り人」→
    「天と地の守り人」→
    精霊の守り人シリーズ外伝 「流れ行く者」→
    「バルサの食卓」→

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL