青春戦国アクションドラマ 「戦国★男士」から目が離せない

2012.02.29 Wednesday

0
    TVK、サンテレビ等で放送中の青春戦国アクションドラマ、戦国★男士もいよいよクライマックス。「戦国★男士」は特撮スタッフや、アクションこなせるイケメン俳優さんたちが揃っているため、アクションも展開も登場人物も魅力的なドラマで、何度も見返してしまいます。

    物語の前半は、南奥州高校に転校してきた伊達政宗が、周辺高校の覇権をあらそうヤンキーたちとケンカをくりひろげ、仲間とともに成長していきます。ただの荒唐無稽なアクションドラマではなく、ちゃんと史実にのっとったコネタが随所に散りばめられているところも歴史ファンの心をくすぐる作りになっています。(政宗の料理好き、小十郎が笛の名手など)

    後半は史実を踏まえつつのオリジナル展開に。政宗の強い顕現の力(戦闘能力を高めるパワー。物語の鍵を握る能力で、限られた人間しかできない)をめぐって、豊臣秀吉、徳川家康、謎の黒鎧などが政宗を取り巻いていきます。政宗は、お世話になった先輩(鬼庭左月斎・史実では政宗の部下)が「顕現狩り」にあったことがきっかけで政宗自身も顕現による陰謀に巻き込まれていきます。

    果たして「顕現をつかって世界を変える=天下布武」とは何なのか?
    一見、優しく公明正大な徳川家康がどんな策略を見せるのか?
    育ての親でもある秀吉、景勝を亡くし、孤独をかかえる真田幸村がとる行動の意味は?
    そしてそれらの陰謀に政宗達がどうやって挑んでいくのか?
    3月の放送終了まで、目が離せません。

    戦国★男士 上巻 【期間限定版】 [DVD]
    キングレコード (2012-03-07)売り上げランキング: 2565


    JUGEMテーマ:イケメン

    登場人物たちの考察はこちら↓
    また、史実を踏まえながらのオリジナル設定の登場人物たちも「戦国★男士」の魅力のひとつ。

    伊達政宗…「戦国★男士」主人公。趣味は料理(実際の政宗の趣味も料理)
    普段はメガネの優等生。「ケンカは好きだが暴力は嫌い」。幼いころ見たケンカで相手を圧倒した謎の人物に憧れをいだき、目標にしている。仲間思いで、仲間が危機に晒された時、顕現の力を発動。最初は自分でコントロールができないほどのパワーを持つ。力に悩み、陰謀に巻き込まれながらも困難に立ち向かう。滝口さんの優等生っぽさと、ケンカでみせる激しいアクションのギャップがいい。

    片倉小十郎…あるケンカをきっかけに政宗と出会い、伊達一派に。冷静沈着で政宗を支える。才色兼備でサックス奏者としても一流。内田讓さんのクールで熱い小十郎を演じています。アクションもかっこいいの。
    伊達一派の長兄といった感じ。

    伊達成実…政宗のいとこ。明るく楽天的で仲間思い。自分だけが顕現できないことに悩み、危険度の高い方法で顕現。それを政宗に知られ、仲違いして出奔(史実の成実も出奔過去あり)小十郎の取りなしで復活。
    平野良さんが、かわいい成実を演じてます。(^^)出奔後はちょっとしっかりしてきて、政宗を精神的にささえていきます。

    大内定綱…最初は敵対していたが、仲間の五家同盟のやり方に嫌気がさし、途中から伊達一派に参入。政宗のことを「大将」と呼ぶほど慕っている。成実が出奔後は伊達一派のボケ役。
    片岡信和さんが無邪気な大内を演じてます。成実が返ってきてからはWボケかな〜。

    豊臣秀吉…多くの会社を経営するSLPM(安土桃山を英語読みした頭文字)社のCEO。顕現の力をつかい、天下布武を目指す。政宗に興味を示し、息子秀頼のボディガードを依頼する。志半ばで死去。波岡一喜さんがクセのある秀吉を演じています。こういう経営者いそうだったなあ。

    徳川家康…大学生でIT界の寵児な設定。正宗に好意的なものの、何か企んでいるらしい。
    「旭」という秘書がいつも傍らにいる。(正体は忍び・服部兄妹の妹)
    演じる田中康寛くんがモンスターエンジンのばーやんにそっくりで、最初ほんとにばーやんかと思った。
    田中康寛くんの「なんか悪いことを企んでそうな笑顔」がいい( ̄ー ̄)ニヤリ

    上杉景勝&直江兼続…おなじみ天地人の名コンビ。鈴之助さん、山本匠馬さんのスーツ姿がかっこいいです。
    寡黙な鈴之助景勝の名セリフは「兼続の言うとおりだ。」(^^)
    山本兼続はメールで家康くんに直江状を送るおちゃめな面も(田中家康くんには、鼻で笑われてましたが。)
    政宗たち伊達一派に対し、クールな印象。

    真田幸村…飄々とした態度、戦うことをゲームのように楽しむ幼さ、後ろ盾だった秀吉を亡くした時の孤独感など、いくつもの顔をみせる複雑で魅力的な人物。
    壊れそうな繊細さ、戦いに対する狂気的な美しさを橋本淳くんが演じています。
    伊達一派の仲良しっぷりに孤独をつのらせる橋本幸村の、切なそうな表情が色っぽいんですよ…もう。
    「透明感」を感じる俳優さん(特に男優さんは)てすごく稀だと思うのですが、橋本淳さんはそんな稀有な存在感と色気がある役者さんですね。もう、彼の幸村には心をがっちり持って行かれました。

    細かいところでは、浅野長政演じる長谷川朝晴氏と島左近演じる坂田聡さんとの元ジョビジョバ共演なんてのも、マニアなファンを喜ばせてくれました。(^^)
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL