[映画] ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2012.03.08 Thursday

0
    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観てきました。

    9.11事件で父親を失った9歳の少年オスカーが、父の遺品から見つけた「鍵」の秘密を探るためにニューヨーク中を探るという物語。オスカーは知識的で空想的で、人とのコミュニケーションがやや苦手。父親のトーマスはそんなオスカーの特性を伸ばすため、よく「調査探索ゲーム」を行なっていた。
    そんな父とオスカーの間に親子以上の深い絆があった。
    けれど、あの日突然失われてしまった。
    鍵をみつけた日からオスカーは、父親のメッセージをみつけるため、鍵の袋に書かれた「ブラック」という文字から、NY中のブラックさんを訪ね歩く。

    映像は、事件当時と現在が交錯する方式で描かれています。オスカーの心の動きとか、葛藤とか。
    正直、このへんは見ていて痛かった。私は「ブラック探し」をする間に出会った人々との交流によって、オスカーが心をひらいていくのかとおもったのですが、オスカーがほしいのは、ただ、父親からのメッセージなんです。
    行く先々で親切にしてもらっても(実はそれには秘密があったのですが)彼の心は動かない。
    そして「ブラック探し」にのめり込むあまり、母親との距離が離れてしまいます。

    サンドラ・ブロック演じる母親は、オスカーの行動に最初は戸惑うものの、まるであきらめたように振る舞います。けれど、それは違っていたのです。母親の大きな愛情がもう゜・(*ノД`*)・゜・
    本心ではないにしろ「ママが死ねばよかった」などと子供にいわれながらも、この母親は、子供をまっすぐに愛することをやめないのです。

    大事な人を失った時、どうやって悲しみを乗り越えたらいい?
    文字をタイプするのはこんなに簡単なのに、人はそれを見つけ出すには、長い長い道をさがしてゆかねばならない。
    でも、歩いてきたあとには必ず道は開けるのだ。

    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
    ジョナサン・サフラン・フォア NHK出版 売り上げランキング: 437
    JUGEMテーマ:洋画


    コメント
    日月さん☆こんばんは
    初めての何かに向かう時、怖いなという気持ちに負けそうになります。
    誰かが側にいてくれるだけで勇気が出るのは何故なのでしょう?

    そして、見えないところで見守ってくれていたお母さんの気持ちが、彼を成長させてくれたんですよね。
    • by Roko
    • 2012/03/10 11:25 PM
    Rokoさんへ
    前半、オスカーのことはあまり好きではなかったんですが、間借り人の老人の交流などですこしずつ変わっていきましたね。
    彼の望んだものではないけれど、父親からのメッセージを確かにうけとり、新しい世界を手に入れたんじゃないかと思います。
    • by 日月
    • 2012/03/14 11:35 PM
    コメントする
    トラックバック
    そういえば!震災直後の日本に元気を与えてくれたシンディ=ローパー様、只今再び日本を元気にしてくれる為にツアーの真っ最中のもようです。そんなシンディー様が、更に大サービス!来日中の米人気歌手シンディ・ローパーさんが11日に東京・渋谷のBunkamura
    • Go!Go!NEWs!!04510 for ameblo
    • 2012/03/09 3:12 AM
    原題:EXTREMELY LOUD INCREDIBLY CLOSE  主人公の
    • Roko's Favorite Things
    • 2012/03/10 11:11 PM
     2011年/アメリカ  監督/スティーブン・ダルドリー  出演/トーマス・ホーン      トム・ハンクス      サンドラ・ブロック      マックス・フォン・シドー  この作品名、チケットカウンターで言い間違えました。「ものすごく近くて、あり
    • It's a wonderful cinema
    • 2012/03/11 1:26 AM
    主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
    • はらやんの映画徒然草
    • 2012/03/11 6:56 AM
    ジョナサン・サフラン・フォアの原作をエリック・ロスが脚色、スティーブン・ダルドリ
    • twicoco2のシネマ備忘録
    • 2012/03/12 12:29 AM
    □作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン
    • 京の昼寝〜♪
    • 2012/08/31 8:15 AM
    いやぁ〜 想像していたより、ずっと良い映画でした・・・。4つ☆半
    • ポコアポコヤ 映画倉庫
    • 2012/10/25 10:23 AM
    この記事のトラックバックURL