『老妓抄』 岡本かの子

2012.04.05 Thursday

0
    年々にわが悲しみは深くして いよよ華やぐ命なりけり
    作中に書かれたこの歌が好きで、折々に読み返す、岡本かの子さんの「老妓抄」。

    岡本かの子さんといえば、岡本太郎さんの母上で、まずその破天荒で壮絶な人生が浮かびます。芸術の神にすべてを捧げ、童女のまま大人になってしまったかの子さん。

    その純粋さゆえに夫以外の男性を愛し、家に同居させ、精力的に歌を詠み、小説を書き…。
    (ドラマ「TAROの塔」で寺島しのぶさんが演じた岡本かの子がすばらしかった。)

    TAROの塔 マーケットプレイスDVDセット 全2巻 第1話〜第4話[最終]セット [レンタル落ち]

    中古価格
    ¥7,777から
    (2018/11/12 22:19時点)




    そんな破天荒な人生を送ったかの子さんの書く文章は、意外にも派手な装飾を施すのではなく、一言一句、吟味されたことばで物語の世界を構築しているように感じました。これが岡本かの子のいう「芸術」なのかもしれない。

    代表作「老妓抄」は、年を経た芸姑が、若い男性の、ひたすらに何かに打ち込む情熱(パッション)を見たいがために、彼の生活のめんどうをみてやります。

    そこへ奔放な老妓の養女が関わり、奇妙な関係性がだらだらと続けられます。次第に若い男は情熱を失い、時々は老妓の元を去るのだけれど、関係を完全に絶ち切ってしまうこともできない。

    岡本かの子の小説は、読むたびに深くなる気がします。また、自分が年を取って読み返すと、また違った景色がみえてきます。

    若い方と話したり、青春映画をみた後は、なんだかワクワクしますもの。それは、自分が成し得なかったこと、見れなかった夢を勝手に託し、彼らの見せてくれる新しい世界を楽しみたいのかもしれない。

    老妓の年に近づきつつある今の私が読み返してみると、老妓の気持ちが少しわかる気がします。

    老妓抄 (新潮文庫)
    老妓抄 (新潮文庫)
    posted with amazlet at 12.03.26
    岡本 かの子 新潮社 売り上げランキング: 82295


    瀬戸内寂聴さんが瀬戸内晴美時代に書いた、岡本かの子の物語「かのこ繚乱」。制作当時、岡本太郎さんをはじめ、まだ当事者が生きていたので、寂聴さんはかのこさんの「恋人」にも取材を行っています。

    「かの子繚乱」→

    かの子撩乱 (講談社文庫)

    中古価格
    ¥7から
    (2018/11/12 22:20時点)




    JUGEMテーマ:小説/詩

    JUGEMテーマ:小説全般

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL