十二国記のベース、古代中国の参考書「孟嘗君と戦国時代」 宮城谷昌光

2012.04.17 Tuesday

0
    十二国記も近々復活するということなので、小説の世界観のベースとなった春秋・戦国時代の歴史・風俗を復習。
    宮城谷昌光先生の「孟嘗君と戦国時代 (中公新書)」を読みました。

    戦国時代といっても日本のではなく、古代中国の戦国時代。東の大国・斉の名相・孟嘗君が活躍した戦国時代を、当時の歴史的背景やエピソードを含みつつ解説されています。古代中国の人物は、同じ人物でも、いくつかのあだ名や別名があり、時に本名さえわからない場合があるので、読み進めるのにいつも苦労するのですが、宮城谷先生の、噛み砕くようにやさしく、わかりやすい解説は、春秋戦国時代を学ぶのに最適の参考書です。

    戦国時代力とは、力が弱まった盟主国(周)を中心に、諸国が覇権を争っていた時代です。その群雄割拠な様子は、日本の戦国時代にも共通します。

    本の中には歴史や逸話のほか、孔子、墨子、孫子など、諸子百家などの思想家についても触れられています。どうも、こういった学者たちを国に招いて養うのが王や宰相のステイタスだったようですね。

    さた、主役の孟嘗君という人は斉の宰相の息子で、幼い頃から聡明さを讃えられていましたが、母親の身分が低かったため、庶民の生活の実態に通じていたそうです。彼の食客(貴族が養う、才能のある人物たち)の内には、ならず者や盗賊もいたけれど、あるとき孟嘗君が秦から逃げる際に、関所・函谷関を越えるとき食客のひとりが鶏の鳴きマネをして朝を偽り、無事函谷関を通ることができた…。との逸話があります。

    それが時代を経て平安時代の日本・清少納言の和歌にもつながっているのだから、歴史って面白いな。
    夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ


    中国戦国時代の特徴まとめ
    ・英雄よりも名君が多い
    ・国の権力争いが高じて、公子(王子)や宰相が他国に亡命、そのまま他国で宰相になったり、自国と他国、両方の官吏なったりもする。


    孟嘗君と戦国時代 (中公新書)
    宮城谷 昌光 中央公論新社 売り上げランキング: 316710


    「史記の風景」
    「華栄の丘」
    「沈黙の王」
    「玉人」
    JUGEMテーマ:歴史


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL