物々交換でつながる物語 [映画]台北カフェ・ストーリー

2012.05.09 Wednesday

0
    シネマート六本木で映画「台北カフェ・ストーリー」を見てきました。いい映画でした。
    物々交換の新しいスタイル、エクスチェンジや、カウチサーフィン(旅行者に家のカウチを提供し合うシステム)などの新しいライフスタイルを取り込みながら、自分の本当に大切なものに気づいていくストーリーです。

    台北カフェ・ストーリー あらすじ


    ドゥアルは念願のカフェをオープンさせたものの、一向に客足が伸びない。みかねた妹・チャンアルは、開店祝いにもらったガラカタで物々交換をすることを思いつく。

    様々なものがカフェに持ち込まれては、次の持ち主のもとへ旅立っていく。ドゥアルは最初、物々交換に不満だったが、客足は順調に伸びていき、物々交換はカフェの名物となっていった。

    ある日、世界中で集めた35個の石鹸を持ってきた男性が、何か特別なものと交換したいという。彼から聞く世界の国々の物語はドゥアルを惹きつけ、自分にとって、本当に大切なものが何かを考え始める。
    そして、ドゥアルが出した結論は…。


    物々交換でつながる物語


    私も、服のエクスチェンジに何度か参加した時、自分の好き服があると嬉しい半面「なんでこの服がいらないの?」と思うことがあります。

    でも、誰かにとって不要なものでも、別の誰かとっては宝物の価値があるかもしれない。大切に思うものは人それぞれ違う。だから物々交換て面白いんだね。(^^)

    映画の中では、物の他に、物にまつわる物語も交換の対象となります。
    実態を持たない「物語」が交換の対象になるって、いいですね。欲ではなく、こころが満ち足りる感じがして。

    主人公のグイ・ルンメイは、青春映画「藍色夏恋」で主人公・モン・クーロウを演じてました。デビュー当初から可愛かったけれど、こんなに綺麗な女優さんになったんだねえ。(ノ´∀`*)

    中孝介さんが「海角七号 君想う、国境の南」に続き台湾映画出演(おそらく本人役)。欲しい本と交換するため、自分の歌声を披露します。中さんが歌う童謡「ふるさと」は、こころにずーんと響くんだよなあ。

    台北カフェ・ストーリー
    台北カフェ・ストーリー




    台北カフェ・ストーリー [DVD]
    ビデオメーカー (2013-09-19)売り上げランキング: 89,661


    台湾映画感想


    「非情城市」→
    「藍色夏恋」→
    「KANO 1931海の向こうの甲子園」→
    「百年恋歌」→
    「台北に舞う雪」→
    「海角七号 君想う、国境の南」→
    「LOVE GO GO 愛情来了」→
    「トロッコ」→

    JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

    JUGEMテーマ:映画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    「台北カフェストーリー」シネマート六本木で鑑賞 2012-043 東京限定の公開だそうです。 そのほかの地方は上映会程度だとか。 残念というよりも、よく東京で公開したなあという感想。 題名通りカフェのお話ですが。物々交換で自分の大事なものは何かを見つけると
    • てんびんthe LIFE
    • 2012/05/09 5:09 PM
    ゆったりとした時間の中、若い女性の心の変化を繊細に描く「台北カフェ・ストーリー」。物々交換というツールが面白い効果を生んでいる。台北にオープンしたドゥアル・カフェ。長 ...
    • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
    • 2012/05/09 8:55 PM
    こういうタイトル自体に惹かれやすかったりするんですけど、予告編で観た映画の雰囲気も私好みな感じで楽しみにしていました。ホウ・シャオシェンが製作総指揮を務め新鋭シャオ・ ...
    • カノンな日々
    • 2012/05/09 10:15 PM
     (原題:第三十六個故事)アジアフォーカス福岡国際映画祭2011出品作品。日向朝子監督の「森崎書店の日々」とよく似た映画だ。もっとも、あの映画では恋人に裏切られたヒロインが全てを捨てて本屋をやっている親戚宅に逃げ込む話だったが、この作品はカフェを開
    • 元・副会長のCinema Days
    • 2012/05/09 10:56 PM
    あかん! グイ・ルンメイが綺麗過ぎて死ぬる。
    • だらだら無気力ブログ!
    • 2012/05/10 12:25 AM
    綺麗な画面を見ているだけで、幸せな気分になってきます。 デザイン会社を辞めて妹チャンアル(リン・チェンシー林辰唏)と2人でカフェを開くドゥアル(グイ・ルンメイ桂綸[金美])。店内は、開店祝いに来た友人たちが持ってきた品物(多くはガラクタ)であふれ、客足
    • まてぃの徒然映画+雑記
    • 2012/05/12 4:27 PM
    この記事のトラックバックURL