2012.07.10 Tuesday

[舞台]温室 

難解で不条理、でも目を離せないほど惹きこまれてしまった舞台「温室」。観終わった後はしばらく手の震えが止まらなかった。今までに見たことのない世界でした。

劇場に入ると、客席を挟んで中央に舞台が設置され、それが回転してゆく。
役者さんは回転する舞台に立ちながら演技をするため、観客は様々な角度から芝居を見ることができます。
(そのため席番号が複雑で、他の人が私の席に座っていて座れない!(゚д゚)!というトラブルも。)

【物語】
クリスマスの日、閉鎖された「施設」で責任者ルートは部下ギブスから「患者」の1人、6457号が死に、6459号がが子どもを産んだと聞かされる。秩序を重んじるルートは、妊娠させた犯人を突き止めるように命じるが…。複雑に人物たちが絡みあい、物語は奇妙な方向へ進んでいく。


閉鎖、制約された空間の中での人間模様が好きです。
登場人物たちは、与えられた数少ない情報の中から想像を働かせ、迷い、時に間違った道を選んでしまう。
でも物語の外から俯瞰できる観客は、そこで「神の視点」を手に入れることができる。
けれど、「温室」はそうじゃなかった。観客は「神の視点」を取り上げられ、登場人物たちの複雑なセリフに翻弄され、気がつくと登場人物たち以上に迷宮に迷い込んでしまう。一瞬たりとも気の抜けない舞台でした。

・登場人物のセリフ
セリフは常に印象的で抽象的。特に人物に対する説明は複雑。
Aという人物の話なのに、その特徴は時にBという人物のことを表しているようであり…。

・生贄の子羊
青年ラム君が実験台の配線につながれ、人体実験をされるシーンは「未来世紀ブラジル」のラストシーンを思い出してぞっとしました。拷問ともいえる人体実験の後、ラム君は拷問後ずっと舞台におり、うつろな表情をしています。それは生贄の子羊(「ラム」は多分、キリスト教的な「子羊」の意味があると思うのだけど。)のようでした。

ハロルド・ピンター (1) 温室/背信/家族の声(ハヤカワ演劇文庫 23)
ハロルド・ピンター 早川書房 売り上げランキング: 47893



新国立劇場・小劇場前。池の周りは心地良い風。ステキな劇場です。

DSC_0168.JPG

20120710_193341.jpg
JUGEMテーマ:演劇・舞台

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946661

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM