2016.01.16 Saturday

三浦しをんが描く、切なく愛しい現代版昔話 「むかしのはなし」 三浦しをん

三浦しをんさんが描く現代の昔ばなし「むかしのはなし (幻冬舎文庫)
かぐや姫や桃太郎をベースに、しをんさんが描いたのは、まったく新しい昔話でした。

三浦しをんさんの恋愛ものは、静かで、とても深くて、切ない。夜に読むと、よりいっそう、静けさとはかなさが感じられます。

そんな物語を、時々記憶からひっぱりだしてきては、ふとした瞬間に思い出して楽しむ。そんな味わい方が似合います。

各話はそれぞれ、既存の昔話をベースにしているのですが、設定として共通するのが「世界の終わり」です。やがて世界が終わるというのに、物語の登場人物は、日々の生活を淡々と送っていたりします。
もしかしたら、世界の終わりって、騒ぐだけ騒いでしまったら、こんな静寂が訪れるのかもしれない。


むかしのはなし (幻冬舎文庫)
三浦 しをん 幻冬舎 売り上げランキング: 95143


三浦しをん作品感想


「まほろ駅前狂騒曲」→
「まほろ駅前番外地」→
「まほろ駅前多田便利軒」→
「月魚」→
「舟を編む」→
「風が強く吹いている」→
「きみはポラリス」→
「木暮荘物語」→
「星間商事株式会社社史編纂室」→
「三四郎はそれから門を出た」→

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946696

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM