僕僕先生シリーズ「鋼の魂」 仁木 英之

2012.09.04 Tuesday

0
    僕僕先生シリーズも6作め。「鋼の魂 僕僕先生」では雲南地方を旅する僕僕一行。前回の旅で道連れとなった苗族の娘・蒼芽香も加わり、ますます賑やかになってきました。

    雲南には6つの国(詔)があるが、南詔が他国を制圧しつつあり、吐蕃と唐、2つの大国も虎視眈々と雲南をねらっている状態。そんな中、皇帝の暗殺部隊・胡蝶の捜宝人・宋格之は皇帝から雲南に伝わる「鋼の神」を探しだすよう命じられる。
    その渦中に僕僕先生一行も雲南の湖・程海を訪れると、案の定、各国の争いに巻き込まれることに。そこで前回旧知を得た吐蕃の医師ドルマと再会する。実はドルマは吐蕃の王族らしいのだが、事情があって国を離れているらしい。一方で唐の皇帝と胡蝶の首領は雲南制圧と「鋼の神」を手に入れるため、情報撹乱や大軍を派遣して雲南に迫る。

    程海の人々を救うため、湖の底に眠る「鋼の神」を見つけるべく湖底を進む僕僕一行。「鋼の神」は仙人など特殊な人間でないと目覚めさせることができないらしい。
    地上では南詔の軍隊が程海へ侵攻を始め…。

    今回は月の女神・嫦娥や鋼の神など、神仙が多く登場します。けれど、程海の長、馬銀槍はこういいます。
    神頼みに慣れたものは、また神に頼ってしまう」と。鋼の神の存在は人心をまとめるには都合がいいけれど、すべてを神に委ねることなく、人間たちで何とかしようとする。また、そういう人間の前にしか神は現れないのでしょう。

    以前から僕僕先生たちを陥れてきた「覆面の道士」が、実は皇帝の手のものだということが判明しました。
    今まで皇帝の野望のために動いていたのね。でも引き際があっさりしすぎだし、正体(顔)も明らかになっていないので、これからまたからんできそうですね。

    流れからすると次回の舞台はきっと吐蕃でしょう。ドルマの出奔の理由や唐と吐蕃の陰謀についても書かれそうです。楽しみ(^^)

    鋼の魂 僕僕先生
    鋼の魂 僕僕先生
    posted with amazlet at 12.09.03
    仁木 英之 新潮社 売り上げランキング: 64794


    「僕僕先生」→
    「薄妃の恋」→
    「胡蝶の失くし物」→
    「さびしい女神」→
    「先生の隠し事」→
    僕僕先生シリーズ外伝 「童子の輪舞曲」→

    JUGEMテーマ:本の紹介
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL