2012.11.20 Tuesday

これはお笑いではない、ラーメンズである [DVD] ラーメンズ第17回公演『TOWER』

この間エヴァの映画予告で「これはアニメではない、これはエヴァである」というコピをー見ましたが、これをラーメンズで例えると「これはお笑いではない、ラーメンズである」となりますね。

ラーメンズの笑いはラーメンズにしかできない。それを実感した「ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]」でした。

正直、笑いのアイデアやネタは、これだけ多くの芸人や劇団がいれば似通ったものもあります。
よくあるネタを自分の味付けで料理するのもプロの力量ですが、ラーメンズの公演はあきらかに他とはちがうのですよ。他とは。( ̄ー ̄)ニヤリ 片桐さんと小林さんがつくる独特の間と、シンプルな空間の中からできる奇想天外な物語は、観ているうちにどんどんその世界へひきこまれていきます。

まずオープニング「タワーズ1」からびっくりΣ(´゚д゚`)。
真っ暗な空間、黒いブロックの上に立つ2人。そのうち自分たちの陣地(ブロック)を奪い合ったり、謎の声に導かれてブロックでいろいろな形を表現するけれど、なぜか片桐さんの案は採用されない…。
最初は高層ビルのような高いところの設定だったのに、途中で小林さんがルールをぶち破って下に降りてしまってどうなんだと思ったけれど、それが次の展開につながっていくのね。

名は体を表す」というコント、これすきです。最初は2人で発音のニュアンスと言葉の関係について話していたのに、途中から片桐さんの妄想上の言葉が次々とでてきてルールをぶち破っていき、最終的には女宇宙海賊の冒険ファンタジーに発展していくという。

全体を通じて唯一の小道具である黒いブロック、なんの変哲もないこの直方体がラーメンズの手にかかると、ピアノやバイク(女宇宙海賊の)、巨人像の足など、さまざまなものに変化していきます。すっごい想像力だわ…。このへんの表現はちょっとアートっぽい。

ラーメンズのコントには、どちらかが忠実に守ってきたルールを、もう一方が完膚なきまでにぶち破るってのがあるんですが、そのぶち破り方が痛快であればあるほど面白いんですよ。


ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]
ポニーキャニオン (2010-09-15)売り上げランキング: 4244


「爆笑オンエアバトル ラーメンズベスト」→

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946765

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM