[舞台] ベッド&メイキングス 「未遂の犯罪王」

2012.11.14 Wednesday

0
    ベッド&メイキングスの舞台「未遂の犯罪王」を観てきました。

    「ベッド&メイキングス」とは、脚本家・演出家の福原充則(ピチチ5)と、俳優・富岡晃一郎によって旗揚げされることとなった劇団。「サルでもわかる哲学」をテーマに、矛盾だらけの世の中を、ちょっとだけ生きやすくすべく立ち上がった、照れ屋の理想主義者、二人組。

    このベッド&メイキングスの紹介文と、「未遂の犯罪王」という、矛盾したタイトル。これだけの知識で観てきたのですが、これがもう、大当たりのお芝居でした(*´∀`)ノ 
    なぜ「未遂の犯罪王」なのかというと、それはお芝居が進むにつれ明らかになっていきます。

    まず最初に裸のおっさん3人組が出てくるΣ(´゚д゚`)!
    山梨なのになぜかウエスタン…?さびれたドライブイン、その2階では娼婦・麻子が商売をしている。麻子の常連の警察官、ドライブインに集まる地元の人々、町の観光協会職員、そこへ銀行強盗をしているという兄を探す弟が現れ…。
    「未遂の犯罪王」はその世界観に驚きっぱなしでした。舞台装置も面白いし、役者さんたちの演技もぶっ飛んでいて、でも全体が噛み合っていて。あっという間の2時間弱。

    特に野口かおるさんの娼婦麻子がもうかっこよくて!(*´∀`)ノ 飯屋の2階で娼婦が商売なんて、まさにウエスタンな設定だわ(^^)男たちを振り回し、テンション高く、時にかわいく、時に凶暴、そしてそのセリフはけっこう核心をついているのです。野口かおるさん、どこかでおみかけしたと思ったらザ・プラン9の月刊コント8月号に出演されてたんですね。その時もモテ役で、正直一部の芸人さんより面白かったのを思い出しました。

    今回のテーマは「想像」なのかもしれません。新しい男とのあれやこれやを想像して去っていく女と、想像をしないことで毎日をやりすごす男。想像って人間だけにしかできないものなのだそうです。楽しくて大笑いして、でもセリフはちょっと考えさせられる、そんなお芝居でした。(哲学だからね)

    富岡晃一郎さんが描いた相関図。パンフレットもデザインがかっこいい。楽しめる、すてきなパンフレットです。
    ベッド&メイキングス未遂の犯罪王
    JUGEMテーマ:演劇・舞台






    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL