ラスト数分、涙がブワッと…(´;ω;`)[映画]蛍火の杜へ

2013.01.09 Wednesday

0
    アニメ「蛍火の杜へ」を観ました。最後の数分間は、不覚にも涙がブワっとあふれました。こんなに泣かされるとは思わなかったよ…(;ω;` )(;ω;` )
    45分の短編アニメで、原作は夏目友人帳の緑川ゆきさん。

    蛍火の杜へ あらすじ


    山神と妖怪が住むと言われる山奥の森。祖父の家に遊びに来て、森で迷子になった蛍は、ギンと名乗るお面をつけた不思議な青年と出会う。ギンは山神様から「人間に触れられると消えてしまう」術をかけられているため、蛍と直接触れ合うことができないという。

    それから、夏がくるたびに蛍とギンは一緒に過ごすようになる。だんだんと成長していく蛍に対して、ギンは出会った頃と変わらない姿をしていて…。

    蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]

    中古価格
    ¥3,907から
    (2018/8/17 14:00時点)




    「胸が締めつけられる」って、きっとこういうことだ


    最初にギンと蛍が歩く時、お互いが木の枝の端を持ちながら歩くのね。
    その後、蛍が成長して、子どもから女の子になった時は、柔らかい布をお互いの手に巻くんです。
    それが2人の関係の変化を表しているようで、ほほえましいけれど、なんだか切ない。

    ギンは触れられると消えてしまうので、2人の距離は近づくことも、離れることもないんです。
    「好きな人に触れられない」っていうのは、本当に切ない。けれど、2人は、2人なりの関係を築こうとします。
    いつか、別れが来る日まで…。

    もう、思い出しただけでも涙がでてしまう…。(;ω;` )胸が締めつけられるって、きっとこういう映像をみた時のことを言うのね。

    制作は「夏目友人帳」のアニメスタッフが参加しているので、ギンと蛍が遊ぶ池や森、社などの風景は幻想的で美しかったです。



    おおたか静流さんの歌うエンディング・テーマも美しかった〜(*´∀`*)

    蛍火の杜へ オリジナル・サウンドトラック 季節の瞬き

    中古価格
    ¥1,769から
    (2018/8/17 14:01時点)




    愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/8/17 14:00時点)




    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL