「歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)」 磯田 道史

2013.02.13 Wednesday

0
    映画「武士の家計簿」の原作者、磯田道史先生が古文書から紐解いた真実の歴史を紹介する「歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)」は、歴史エッセイだけでなく、古文書から読み解いた地震の歴史や知恵も掲載されており、歴史ファンはもちろん、多くの人に読んで貰いたい1冊です。

    学者は現実に、世の中の役にたたなければならない


    磯田先生は「武士の家計簿」以降、記録に残りづらい忍者の古文書を発掘、研究をされてきましたが、東日本大震災以来、「学者は現実に世の中の役にたたなければならない。」と「歴史地震研究会」に入会、古文書に書かれた地震の記録を探しだし、歴史から学ぶ震災対策を研究されています。

    本来であれば、そのまま忍者の研究に没頭してもいいのに、磯田先生はあえて歴史学者として、地震研究の道を選ばれました。本当に素晴らしいことだと思います。以前遭遇した、自説を主張してばかりで、役に立たない学者連中にも見習ってほしいものです。
    この本でも第4章「震災の歴史に学ぶ」は地震活動期にはいった現代の日本人が、知っておくべき知識だと思います。

    歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)
    磯田 道史 中央公論新社 売り上げランキング: 2,614


    真実の歴史は、時にドラマよりも面白い


    「第1章 忍者の実像を知る」では、なかなか記録に残らない忍者の実態を探るべく、武士としての忍者の記録を探り、実際に忍者の里で子孫の方から資料を拝見して、歴史に隠れた忍者の歴史にせまります。赤穂浪士の討ち入りに関しても忍者が活躍したり、危険な任務の割に給料が少なかったり、意外な忍者の素顔がみえてきます。

    「第2章 歴史と出会う」「第3章 先人に聞く」


    武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)」のその後や、映画のエピソードが書かれています。武士の家計簿の主人公・猪山家の甲冑が偶然発見されたり、映画撮影現場での主演・堺雅人さんの役に対する真摯な姿に圧倒されサインをもらえなかった話など。

    堺雅人さんは役に関する資料を集めて読み込むことで有名ですが、映画「武士の家計簿」については「原作ですべて語られているので、これ1冊しか読まない」とおっしゃってました。それだけ磯田先生の「武士の家計簿」は素晴らしい本ということです。

    「第5章 戦国の声を聞く」


    「直江状」で家康を激怒させた、直江兼続がなぜ殺されなかったか、その真相が古文書に記されていました。要は、関ヶ原の戦いで西軍につくよう主人にすすめた家老がほかにもたくさんいて、そいつらを全部粛清してたら大変なことになるので、その代表格である直江兼続を許すことでバランスを保ったということらしい。なるほどなあ。

    その他、関ヶ原の古戦場を新幹線から眺める作法など、歴史マニアな内容も。


    武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
    磯田 道史 新潮社 売り上げランキング: 6,255



    磯田道史先生著作
    「無私の日本人」→
    「武士の家計簿」―「加賀藩御算用者」の幕末維新』→
    「殿様の通信簿」→
    「江戸の備忘録」→
    「日本人の叡智」→

    映画「武士の家計簿」感想→

    JUGEMテーマ:歴史


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL