音楽描写としてはすばらしい 「さよならドビュッシー」

2013.03.24 Sunday

0
    「このミステリーがすごい!」に選ばれて、橋本愛さん主演で映画化された「さよならドビュッシー (宝島社文庫)」を読んでみました。

    う〜〜〜む、ミステリーというよりは、ピアノに魅入られた女の子とピアノ講師との絆、苦難と再生の物語といった感じですね。そちらはそちらでかなり面白いのですが、残念ながら、前半を読んだだけでミステリの展開や犯人は予想がついてしましました。(しかも、ほぼ当たっていた)

    謎解きよりも、ピアノの音の表現、主人公が度重なる不幸や障害を乗り越えながら、ピアニストの講師とともに、ピアノを極めようとする姿が印象的でした。実際そちらの方にページ数も割かれていましたし。

    主人公の講師となるピアニスト・岬さんの弾くピアノのシーンは、まったく音楽知識がない私でさえ、音が聞こえてくるような感覚が味わえました。主人公が弾くドビュッシーも。ただ、時々変ロ長調とか、専門用語が出てくるので、そういう音楽知識があったらもっと楽しめていたかもしれないと思うと、ちょっと残念。

    さよならドビュッシー (宝島社文庫)
    中山 七里 宝島社 売り上げランキング: 4,030



    JUGEMテーマ:ミステリ


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL