漫画好きには天国のような施設 「立川まんかぱーく」に行って来た!

2013.05.02 Thursday

0
    今年3月にできた立川まんかぱーくに行ってきました。安い値段で時間制限がなく漫画が読めて、マンが好きには、天国のような場所でした。

    立川市役所跡に建てられた立川市子ども未来センターの2階にある施設です。(立川駅南口から徒歩15〜20分)基本的に子どものための施設ですが、平日に行ったせいか、利用するのは大人ばかり…。
    立川まんかぱーく外観

    立川まんがぱーく

    まんがぱーくの壁にはのらくろが。
    立川まんかぱーく壁・のらくろ

    「のらくろ」とは、田河水泡氏による漫画で、最初は下っぱ二等兵だったのらくろが出世していく物語。戦争ものですが、失敗したり叱られたりするのらくろがユーモラスに描かれています。立川まんがぱーくではシリーズが揃っています。

    のらくろ上等兵 (のらくろカラー文庫)

    中古価格
    ¥190から
    (2018/7/29 23:29時点)




    まずは、ロッカーに靴を入れて、鍵を締めるときに400円をロッカーに投入します。このお金がまんがパークの使用代金になり、カギが入館証になります。
    立川まんがぱーく入館証

    館内には漫画のほか、絵本も充実しています。安く使えるので、ファミリー向けにぴったり。小さいお子さんとお母さんが一緒に入れるトイレもあり。
    立川まんがぱーく・絵本棚


    約3万冊の漫画がそろう天国。こちらは歴史漫画コーナーで、ジャンル別に分類されています。古いものから新しいものまで種類も豊富。「ONEPIECE」や「夏目友人帳」、「君に届け」など、人気漫画も全巻揃っています。
    立川まんがぱーく・漫画棚


    まんがパーク内にはフードコート「まんがカフェ」も併設され、小腹がすいたら軽食やお菓子をたべることができます。

    立川まんがパークフードコート

    ホットケーキは90円!ただしレンジを使って自分で温めたり、常備された調味料の中からメープルシロップをかけたりと、セルフサービス方式。ドリンクは自動販売機で購入します。ちなみにポッキー1袋は70円。カレーやたこ焼きなんかもあります。

    立川まんがぱーくカフェ

    立川まんがぱーくは、畳と板敷き床の上に、椅子や寝っ転がれる読書スペースがあり、利用者は思い思いの場所でくつろぎながら漫画を読むことができます。一番人気は二段ベッド状の小さな部屋スペース。秘密基地のようなスペースは全部埋まっていました。

    秘密基地のようなまんが部屋

    読書スペースは底冷えするので、冷え性の方は厚手の靴下やブランケットがあると便利ですよ(*´∀`*)

    2時くらいから読み始めたのですが、あっという間に時間がすぎてしまい、結局閉館時間(平日19:00、休日20:00)まで粘ってしまいました。じっくり読みたいときは時間に余裕をもって行ったほうがいいかも。

    読み逃してしまった漫画や、昔読んだ懐かしい漫画を読み返すこともできます。全巻まとめ読みができるのもうれしい。

    あさひなぐ コミック 1-24巻 セット

    新品価格
    ¥14,135から
    (2018/4/15 18:35時点)





    人気の「重版出来!」も、全巻読破することができました!

    重版出来! コミック 1-10巻

    新品価格
    ¥5,960から
    (2018/4/15 18:32時点)




    最近のお気に入り、蛇蔵さんの理系男子漫画「決してマネしないでください」

    決してマネしないでください。 コミック 全3巻完結セット (モーニング KC)

    新品価格
    ¥1,814から
    (2018/4/15 18:33時点)





    立川まんがぱーく周辺情報


    遠方から立川まんがぱーくにいらっしゃる方、周辺にも面白い施設がいろいろとありますので、ぜひ散策してみてください。
    聖地巡礼?「聖☆おにいさん」 の立川周辺出没マップをつくってみた。
    立川市のホテル情報



    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL