ごんぎつね感想文問題への感想。

2013.05.10 Friday

0
    ネットで子どもの書いた「ごんぎつね」の感想について、いろいろと盛り上がっているらしい。
    その子は「ごんぎつねの行動は身勝手で自己中心的だ、うたれてしまっても仕方がない」というような内容を書いたら、教師が親を呼び出したんだと。

    たしかに「ごんぎつね」は、人によって感想がわかれる物語だと思う。
    私も幼少の頃、ごんぎつねの感想を人とは違った内容を発表したせいで、人生の厳しさと教師のズルさを体験しましたから。(自由に感想を言ったのに、先生は金持ちの子の感想が正しいと言い切った。)

    ごんぎつねにまつわる悲しい思い出→

    姪っ子のごんぎつねの感想が問題になっているんだが・・・



    ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)」でも、過激な内容の「時計じかけのオレンジ」の感想文が問題になった話がありました。学校の先生というのは、少しでも規範となる感想と違うことをを書く子がいると、

    危険思想の持ち主→将来犯罪者になるかもしれない→問題を起こしたらこっちにも火の粉がくる(゚Д゚;≡;゚д゚)→今から親呼んで矯正しなければ!

    って思うんですかね?

    この一連の問題で私が思ったのは、感想文の内容とかよりも、通常と違った意見をどう受け止めるかで、その教師の器の大きさが知れる。ってことです。

    ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/7/25 19:45時点)





    ごんぎつね (日本の童話名作選)

    中古価格
    ¥421から
    (2018/7/25 19:43時点)





    新美南吉は、いろいろと考えさせられる話が多い。「百姓の足、坊さんの足」でも、前半、罪もない百姓の方にバチがあたって凄くショックを受けた思い出が…。

    百姓の足、坊さんの足 (青空文庫POD(大活字版))

    新品価格
    ¥540から
    (2018/7/25 19:44時点)



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL