2013.06.01 Saturday

『神去なあなあ夜話』 三浦 しをん

三重県の山林で働く人々と、山での暮らしを描いた「神去なあなあ日常」の続編「神去なあなあ夜話」を読みました。
今回は山の仕事以外の神去村の習慣や信仰、生活の様子などが語られています。

私が好きだったのは「神去村の起源」というお話。神去村はどうして「神が去る」というのか?その謎が今回明かされます。神去村には前回のお祭りで、結構力の強いオオヤマヅミという山の神様がいるのがわかっていますが、神去村の由来に関わるもう1柱、蛇の姿をした神様がいて、その神様と人との悲しい昔話があり、それをシゲばあちゃんが語ってくれます。

各地に残る蛇神と人との異類婚姻譚は、たいてい女性側が神を愛せず破綻することが多いのですが、神去村の昔話では困難を乗り越えた夫婦は幸せにくらします。奥さんに死なれた蛇神さんが嘆き悲しむところとか、普通の昔話よりもリアルに書かれています。

神去村のクリスマス」では、小学校にあがったおやかたさんの息子、山太がクリスマスに興味を持ち始めたことがきっかけで、おやかたさんのうちで盛大なクリスマスパーティーがひらかれることに。

しかしそこは「なあなあ」な神去村の面々のこと。クリスマスツリーは松の木に、プレゼントは木のおもちゃに、パーティーは宴会になってしまうのですが、みんなで集まって飲み食いしているところがほんと、楽しそうなんだよなあ(*´∀`)

神去なあなあ日常」でおやかたさんの義理の妹・直紀さんに一目惚れをした勇気でしたが、その後さしたる進展もなく、読者たちをやきもきさせていましたが、今回、ようやっと前進が!勇気がんばったね〜。神去村シリーズ、これからも続いて欲しいです、勇気と直紀さんの恋のその後も気になるし。


神去なあなあ夜話
神去なあなあ夜話
posted with amazlet at 13.05.28
三浦 しをん 徳間書店 売り上げランキング: 7,100


前作、「神去なあなあ日常」では山仕事と山のお祭りについて描かれます。勇気もこの頃はまだちゃらさが残ってますね(・∀・)

神去なあなあ日常
神去なあなあ日常
posted with amazlet at 13.05.28
三浦 しをん 徳間書店 売り上げランキング: 21,725


三浦しをん作品感想


『神去なあなあ日常』→
『むかしのはなし』→
『まほろ駅前狂騒曲』→
『まほろ駅前番外地』→
『まほろ駅前多田便利軒』→
『月魚』→『舟を編む』→
『風が強く吹いている』→
『きみはポラリス』→
『木暮荘物語』→
『星間商事株式会社社史編纂室』→
『三四郎はそれから門を出た』→

JUGEMテーマ:本の紹介

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment
こんにちは〜。ご無沙汰しています。
私もようやくこの本を読んだところです。
神去村のあれこれ、いろんなことがわかってきて、ますますいとおしい感じですね。
これからの展開も楽しみです。
牛くんの母さん、お久しぶりです(・∀・)

神去村、まだまだ続いて欲しいですね。勇気と直紀のその後も気になりますし…。

地元で育っても林業を離れる人もいれば、外部から入って勇気のように馴染む人もいるので、こればかりは「山とのご縁」のような気がします。勇気はきっと神去の山(と神様?)との相性がよかったのでしょうね。
  • 日月
  • 2013/06/02 16:47
日月さん、こんにちは!
私も神去村の起源な伝説話は、凄く興味深く読みました^^
ちょっと大人じゃないと話せないような??内容でしたね。

あと勇気と直紀さんの恋のその後も気になります。
あっという間に、深い仲になっちゃって、アワワ・・・でした。しをんさんのお話、そういうの多い様な・・・。
私個人的には、段階を踏んで、最初手を繋ぎ〜 キスして ・・・・って感じで、少しつづ近づいて行く時が恋愛の一番の醍醐味であり、良い時期と思っているので、そこを1回で最後まで一気にすっとばすのは、もったいないな〜って思ったりもして(^^ゞ
  • latifa
  • 2013/06/05 12:34
latifa さん

ヨキやみきさんたちが情熱的なのは、祖先の神様譲りなのかもしれませんね。

神去なあなあ日常が映画化されるそうです。ヨキは伊藤英明さんで、勇気は染谷将太くんだそうです。
  • 日月
  • 2013/06/06 22:39





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946924
神去なあなあ夜話著者:三浦しをん徳間書店(2012-11-28)販売元:Amazon.co.jp 100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過 ...
  • 苗坊の徒然日記
  • 2013/06/02 12:59 AM
「神去なあなあ日常」の続編
  • ポコアポコヤ
  • 2013/06/02 11:25 AM

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM