2013.06.09 Sunday

本邦初の古書ミステリ。「せどり男爵数奇譚」 梶山 季之

ビブリア古書堂の事件手帖」に登場した古書の世界を描いた日本最初の小説「せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)」を読みました。

「せどり男爵数奇譚」あらすじ


ある作家が、若いころに出会った不思議な壮年の紳士に再会。「せどり男爵」と呼ばれるその紳士と親しくなった作家は、彼の生業であり、愛の対象でもある古書の世界で、本の虫に取り憑かれてしまった人々の世界を覗き見ることなります。

せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)
梶山 季之 筑摩書房 売り上げランキング: 6,372


古書に恋い焦がれる古書マニア


せどり男爵は頭のきれる、飄々とした紳士ですが、古書を手に入れるためであれば、時には詐欺、恐喝まがいのことも厭わない人物、愛する古書を幼い日に手に入れた美術全集に付けられた口紅の跡から、生身の女よりも古書や浮世絵へエロスをつのらせるという一風変わった人物です。

「せどり男爵数奇譚」の舞台は70年代から戦前から戦後すぐの時代の話が多く、永井荷風の「ふらんす物語」の蔵書印に隠された暗号、終戦直後、ユダヤ商人との古書のかけひきなど、古書にまつわる謎や事件がたくさんでてきます。

そして、この本に出てくる古書につかれた人々の所業は、とにかく常軌を逸しているのです。特に、最後の装丁家の話はエログロの極みといった作品で、ちょっと引く…(^^;)

本のためなら盗みも働く、自分たちの悪事を棚に上げて相手を告訴、果ては貴重な本を自分以外の人間に所有させないため、買い取った途端、燃やしてしまうなど、ビブリオクレプト(盗書狂)たちは、古書自体を性愛の対象として愛憎を注ぎ込んでいきます。この本は「古書とエロス」を描いたという意味でも興味深い作品です。


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延 アスキーメディアワークス (2011-03-25)売り上げランキング: 1,765



「ビブリア古書堂シリーズ」に登場した古書を集めた「栞子さんの本棚」。せどり男爵数奇譚も抜粋で掲載されています。その冒頭があまりにおもしろかったので、本編を読みたくなりました。本が読みたくなる本です。

栞子さんの本棚  ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)
夏目 漱石 アンナ・カヴァン 小山 清 梶山 季之 坂口 三千代 アーシュラ・K・ル・グイン F・W・クロフツ 宮沢 賢治 ロバート・F・ヤング 国枝 史郎 太宰 治 フォークナー 角川書店 (2013-05-25)売り上げランキング: 1,378


JUGEMテーマ:ミステリ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946929

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM