僕僕先生シリーズ外伝 「童子の輪舞曲」

2013.09.04 Wednesday

0
    僕僕先生シリーズの外伝「童子の輪舞曲」今までのシリーズに出てきた登場人物のエピソードや、本編で語られなかった冒険など、外伝的な話が掲載されています。中にはちょっと不思議な話もあり、それがどうも今後の王弁と僕僕先生の関係につながっていくらしいのですが…。

    ・避雨雙六


    雨の無聊をなぐさめるため、僕僕先生が不思議なすごろくをだしてきた。自分の願いにあわせてオーダーメイドにつくられるすごろくで、王弁の道順だけが異様に長くなってしまって…。
    すごろくの中で動く人形と自分がシンクロしているので、穴に落ちると、本体にもダメージが。もちろん、王弁くんは穴に落ちるのはお約束(^^)


    ・雷のお届けもの


    旅の途中、僕僕先生一行と知り合った雷王の息子と人間の子どもとの友情物語。雷の国から水の中の竜の国におつかいに行く途中でトラブルに巻き込まれ…。


    ・競漕曲


    舟で旅をする僕僕先生一行は、とある港に停泊するものの、そこは一度入ると二度と出港できない港でした。そこから抜け出すには王の息子たちと舟の競争で勝つこと。僕僕先生は王弁と劉欣に舟勝負を挑むように命じるが、勝負は一度だけ、負けると港から永遠に出ることはできない…。
    まだ、劉欣が王弁の脳天気さにイライラしている頃ですね。このあと、大分仲良くなっていくのですが…。


    ・第狸奴の殖


    僕僕先生のペットの妖怪・第狸奴は、庵に化けて、雨露をしのいでくれる大切な旅の仲間。そんな第狸奴に恋の季節が訪れた。雌雄をもたない第狸奴の交尾を成就させろと無茶振りをされた王弁は…。


    ・鏡の欠片


    僕僕先生の知人で、この外伝の案内役・那那(ナナ)と這這(シャシャ)の主人である仙人・司馬承禎が不思議な鏡の中に囚われてします。那那と這這は主人を戻すため、街の子供達と協力して鏡のカケラを探すことに…。
    童子の姿の那那と這這ですが、実は二千年くらい生きている不思議なそんざい。小鳥がなくように言葉をかわすところが可愛らしい。


    ・福毛


    この「福毛」だけが、なんとも不思議なお話でした。舞台はなぜか現代の日本。

    王弁や僕僕先生、シリーズの登場人物らしき人々が出てくるのですが、まったく異なる話かとおもいきや、これからの物語、王弁が仙骨を手にすることができるかどうかに関わってきそうな雰囲気でもあり…。


    童子の輪舞曲 僕僕先生
    仁木 英之 新潮社 売り上げランキング: 33,482


    僕僕先生シリーズ
    「僕僕先生」→
    「薄妃の恋」→
    「胡蝶の失くし物」→
    「さびしい女神」→
    「先生の隠し事」→
    「鋼の魂」→

    JUGEMテーマ:ファンタジー小説

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL