今度は大学の自転車ロードレース『キアズマ』 近藤史恵

2013.09.23 Monday

0
    自転車ロードレースの世界を描いた名作「サクリファイス」シリーズ。近藤史恵さんの描く自転車ロードレースの世界は、競技そのものを知らなくても楽しめます。

    サクリファイス」ではプロの自転車ロードレースの世界観をミステリとして描き、「エデン」では自転車レースの巧妙な駆け引きの様子が描かれましたが、今回の「キアズマ」は、自転車ロードレースと、若者たちのスポーツへの情熱と挫折がモチーフとなっています。


    『キアズマ』あらすじ


    大学に入学したばかりの正樹は自転車部とのちょっとしたいさかいから、自転車部の部長の村上に怪我をさせてしまい、謝罪する正樹に対し、村上は「自転車部に入部してくれ」と意外なことを提案される。

    とっつきにくく、苦手なタイプのエース櫻井とともにレースに参加していくうちに、自転車の魅力にとりつかれていき、徐々に櫻井を追い抜いていく…。

    キアズマ (新潮文庫)

    中古価格
    ¥10から
    (2018/11/6 23:47時点)





    主人公である正樹が自転車ロードレース初心者のため、サクリファイスシリーズよりも自転車の仕組みやレースについて解説が入るので、よりわかりやすくなっていました。

    とりわけ、正樹が初めて自転車で走った時の風や、スピード感の描写が素晴らしいです。
    どんどんとロードレースの世界にのめり込んで才能を伸ばす正樹と、持病や重度のプレッシャーを抱えながらそれでも走り続ける櫻井。ふたりとも、スポーツで大事な人間が傷つき、自らの心も傷ついていて、負けそうになるのだけれど、それでも走ることをやめられない。

    今後の2人が、どう成長していくんだろう。本を読み終わった後、もう続きが読みたくなりました。


    ところで、「サクリファイス」シリーズのメンバー、どこかでリンクしていないかな?と思ったら、赤城さんがちょこっと登場してました。「キアズマ」での大学自転車部のレースはまだ始まったばかりなので、また続編を書いてほしいです。そして、チカや伊庭と対決するシーンなんてのも見てみたい♪

    サクリファイス (新潮文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/11/6 23:47時点)




    サクリファイスシリーズ


    サクリファイス→
    エデン→
    サヴァイブ→
    スティグマータ→

    JUGEMテーマ:オススメの本

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    私は、近藤史恵さんの描く、『サクリファイス』に連なる、自転車ロードレースの物語が、とても好きです。 全く知らなかった〈自転車ロードレース〉という過酷で求道的なスポーツ、同じチーム内にエースとアシストという役割があってその関係には強い信頼があるという事
    • 蒼のほとりで書に溺れ。
    • 2013/09/25 10:20 PM
    小説「キアズマ」を読みました。 著者は 近藤 史恵 自転車、ロードレース シリーズといえばよいか 4作目となりますね とはいえ 今作は 今までのキャラ 白石は登場せず 舞台もプロのロードレースではなく 大学の自転車部という なので 今までもそうだったけど より
    • 笑う社会人の生活
    • 2015/01/29 9:33 PM
    この記事のトラックバックURL