手紙がつなく、切ない恋 [映画] 恋文日和

2013.10.12 Saturday

0
    ジョージ朝倉さん原作、手紙にまつわる恋愛オムニバス映画「恋文日和」。2004年につくられた映画なので、今、活躍している俳優さんたちの、少し若く、初々しい姿がみられました。

    物語は、原作マンガ「恋文日和」の「あたしをしらないキミへ」「雪に咲く花」「イカルスの恋人たち」の3つのエピソードの間に、映画オリジナルの「便せん日和」というストーリーが挟まれます。


    あたしをしらないキミへ


    ある日、屋上で手紙を拾った文子は、それが全身刺青だらけの増村からだと知り、返事を出してみると、増村からの返事が届く。自分のことを知らない増村を相手に奇妙な文通を続けていくうちに、どんどん増村のことを知りたくなる文子だったけれど…

    弓削さんがもう、増村そのもの!ドレッドに全身刺青、眼光鋭い増村役がピッタリ。一見無表情にみえるのだけど、ちょっとした目の動きとかで感情がすごく伝わる役者さんだなあ。真木よう子がちょい役で登場しているのは、いまなら考えられない豪華キャスティング。


    雪に咲く花


    あたし もうすぐ 消えちゃうけど 憶えてて」という、奇妙な手紙をもらった陽司。どうやらクラスメイトの宮下かららしいのだが、宮下にはさまざまな悪いうわさがあり…

    傷ついて消えそうな女の子を、必死で支える陽司役の田中圭さんがすてきでした。女の子はかわいかったし、映像にはあっている感じだけど、ちょっと演技ヘタ。


    イカルスの恋人たち


    病気で死んだ兄の荷物を漁っていた健二は、恋人に届けてほしいといメッセージの書かれたビデオレターをみつける。兄の恋人らしい中国人の玉音(ゆーりん)から聞かされる兄の思い出は、生真面目で自分を否定していた兄の姿とは、全くかけ離れたものだった…。

    玉山鉄二、塚本高史という豪華ダブルキャスト。玉山鉄二さんが、生真面目だけど恋人の前では感情をはじけ飛ばす兄役、塚本高史さんはちょっとひねくれた弟役が似合ってました。


    便せん日和


    レターセット専門店の店員、美子は、同じ店で働く主任に片思い中。何度も手紙を出そうとするが、主任には毎週金曜日にレターセットを買いに来るあこがれの女性がいて…。

    中越典子さんと大倉孝二さんの大人のラブストーリー。話自体はちょっとじれったくていいのだけど、話と関係ない映像表現が挟まれて見にくかったり、話ももう一つ、山場が欲しかった。本当は3つの物語をリンクさせてほしかったのだけど。


    恋文日和 [DVD]
    恋文日和 [DVD]
    posted with amazlet at 13.10.08
    アミューズソフトエンタテインメント (2005-05-27)売り上げランキング: 52,772


    愛蔵版 恋文日和(1) (ワイドKC)
    ジョージ 朝倉 講談社 (2012-07-13)


    JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL