「北里大学獣医学部 犬部!」 片野 ゆか

2013.10.20 Sunday

0
    前から気になっていた「北里大学獣医学部 犬部! (ポプラ文庫)」を読みました。物語だとおもっていましたが、実在する動物愛護サークルを取材したノンフィクション。けれど、下手な小説よりも感動させられます。

    北里大学獣医学部にある「犬部」は、捨てられたり、保護した犬や猫の世話をし、新たな飼い主を探す活動をするサークル。とはいえ、その行動は、サークルなどどいう生易しいものではなく、部屋は保護した動物たちで溢れかえり、治療費や薬代で部費もかさむ。

    それでも「犬バカ」(猫、うさぎも含む)を自称する彼らは、自分の生活よりも、犬達の幸せを優先させていく犬部の活動にのめり込んでいきます。でてくるエピソードひとつひとつが泣けます。

    育児放棄された子犬たちを育てるため、犬部唯一の犬部員であり、動物たちのリーダーである「ハナコ」に世話を頼んだところ、ハナコから通常は出るはずのないお乳がでて、赤の他犬を育て上げたエピソードは本当にすごい。

    また、初期の犬部メンバーも個性的。犬達のために生活のすべてを捧げるといってもいいくらいで、忙しい時に限って困っている犬に出会ってしまう「特技」をもつ部員や、街金の仕事がいやになり、獣医を志したうさぎ好きの部員など。みんな動物たちが幸せになるためなら、自分の生活を犠牲にするのが当たり前の「バカ」がつく動物好きたち。

    けれど、犬部の活動は楽しいばかりじゃありません。無責任な飼い主によって傷ついた動物を目の当たりにしたり、誤解や偏見をうけることも。犬部が大きくなるにつれ、初期のメンバーの強引な運営と現状があわなくなったり、一度は休部に追い込まる状態に陥ります。

    だけど、犬部のメンバーたちはあきらめず、危機的な状況にも一生懸命立ち向かって、犬部を守ろうとします。

    こんな犬部の学生たちのためにも、動物を飼うなら一生を背負う覚悟をしなければならないし、そうでなければ動物を飼ってはいけないのだと思います。

    ([か]8-1)北里大学獣医学部 犬部! (ポプラ文庫)

    中古価格
    ¥2,399から
    (2020/5/13 19:15時点)




    こちらは漫画版。

    犬部!ボクらのしっぽ戦記(1) (少年サンデーコミックス)

    新品価格
    ¥462から
    (2020/5/13 19:16時点)




    ツヅキくんと犬部のこと(下)

    中古価格
    ¥470から
    (2018/8/9 22:37時点)




    動物愛護に関連したお芝居
    しっぽのなかまたち 感想→

    JUGEMテーマ:オススメの本


    コメント
    コメントする