2013.12.03 Tuesday

[舞台] 銀河英雄伝説 第四章前編 激突前夜

舞台「銀河英雄伝説 第四章前編 激突前夜」を観てきました。映像と演劇が融合し、迫力ある宇宙戦争を描かれました。

銀河帝国のラインハルトと自由惑星同盟のヤン・ウェンリー。双方ともに用兵の天才と言われているが、未だ直接対決はなく、今回は来るべき決戦への序章として、ヤンが駐留するイゼルローン要塞へ、帝国の要塞ガイエスブルグをぶつけて戦わせる作戦が実行されることになる。

実はこの作戦の裏には第三勢力であるフェザーンが暗躍していて…。

・「初陣」との比較
いつも仲間と共にあるヤンと、親友を失い、孤独なラインハルト、ふたりの立ち位置が対照的な「激突前夜」でした。舞台上では、「初陣」で完璧に心通わせていたキルヒアイスが去ってしまったし、演技の上でも息がぴったりだったキルヒアイス役の橋本淳さんがいない舞台で、間宮ラインハルトがどんな演技をするのかが心配でもあり楽しみでもありました。

いざ舞台の幕があがると、間宮ラインハルトは、キルヒアイスを失った孤独を抱えながら、覇業を進めていく姿が雄々しくも痛々しく、切なささえ感じさせられました。

キルヒアイスを呼ぶ声ひとつをとっても、初陣の時とは違うんです。初陣では後ろを任せられる安心した力強い声、今回は死者に呼びかける少し低く、悲しい声。呼び方ひとつとっても、いろいろと考えられているのが伝わってきます。

間宮祥太朗くんのラインハルトは歌謡界、ミュージカル界の巨人・河村隆一を相手に、一歩も引かない存在感。なんて恐ろしい20歳…!(゚Д゚;≡;゚д゚)

DSC_0745.JPG


今回の銀英伝舞台、激突前夜では、河村隆一さんのファン、ひいては同盟ファンが多く、同盟軍のベレー帽をかぶった方もいらっしゃいました。帝国ファンの私としては「初陣」のベーネミュンデ侯爵夫人風に黒手袋で同盟に対抗。まあ、気品のなさは隠せませんがね…(^^;)

DSC_0747.JPG


舞台 銀河英雄伝説 「初陣 もうひとつの敵」感想→
今回の舞台のストーリー部分の原作「銀河英雄伝説 雌伏篇」→

銀河英雄伝説〈3〉雌伏篇 (創元SF文庫)
田中 芳樹 東京創元社 売り上げランキング: 30,230


JUGEMテーマ:舞台鑑賞

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947008

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM