『戦国時代の余談のよだん。』 和田 竜

2013.12.19 Thursday

0
    のぼうの城』の原作者・和田竜さんによる戦国歴史エッセイ『戦国時代の余談のよだん。』。かなり面白いです。わかりやすく、ユーモアにあふれた文体で書かれているので、さくさくと、でもワクワクしながら読み進めることができました。

    来年の大河ドラマの主人公、黒田官兵衛(如水)や、その息子の黒田長政のエピソードも載っています。

    ・『のぼうの城』などの取材エピソード


    世にでることのない裏話。なるほど、こうした地道な調査があって、はじめて小説というのは世にでるのね。自転車を借りて、「のぼうの城」の舞台、忍城周辺を自転車で調査することになり、あまりの距離に大変な思いをしたことなどが書かれています。そういえば、『プリンセス・トヨトミ』の取材の時の万城目学さんも、大河ドラマ『新選組!』の三谷幸喜さんも、現地を自転車で取材しています。
    もしかして、面白いものを書く人というのは自転車で取材をする傾向にあるのだろうか…。

    ともあれ、実際に現地を訪れ、その土地を肌で感じた和田さんの作品は、どれも面白いんです。

    ・戦国武将たちの面白ばなし


    後半は資料からこぼれ落ちた、戦国武将たちのエピソード。
    部下に言われたい放題だった徳川家康、大口ばっかり叩いてた豊臣秀吉、実は天下を狙っていた黒田官兵衛など、私達が抱いていたイメージとはまったく違った一面を紹介してます。

    また、和田さんの表現が面白いんです。関ヶ原のキーパーソン小早川秀秋を『アホ』と公然と書いてみたり、連戦連勝の上杉謙信を『戦のアスリート』と表現したのは、うまいなあ、と思いました。


    ・キングコング西野氏による、ひょうきんなイラスト


    表紙および本のイラストはすべて、お笑い芸人キングコング西野さんの策だとか。ぎっしり細かい絵以外にも、こんなおもろい絵もかけるんですね。

    作者の和田さんの他、戦国武将たちの間の抜けた似顔絵がなんとも言えない味があります。西野さん、絵でも食べてけるなー。

    戦国時代の余談のよだん。
    和田 竜 ベストセラーズ 売り上げランキング: 25,161


    和田竜作品感想


    小太郎の左腕
    のぼうの城
    村上海賊の娘 上巻
    村上海賊の娘 下巻

    JUGEMテーマ:オススメの本


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL