なぜ年末は第九なのか 2013年を振り返って。

2013.12.31 Tuesday

0
    今年も1年間、なんとか乗り切れました。

    あまり、自分の過去を思い出すのは好きじゃないのですが、今年はネット上でもリアルでも、ステキな友達に恵まれました。来年の目標はそんなステキな人達と、もっと仲良くなることです。

    あとは、思い立ったらいろいろなことに手を出してしまう私を、見守ってくれた家族に感謝。
    来年も迷惑かけるかもだけど、よろしくね。

    先日、ラジオで『なぜ、大晦日になると第九が演奏されるのか』という企画をやっていたのですが、正解は『昔の楽団員のボーナスのため』だったそうです。

    今より生活が苦しかった楽団員が年を越せるように、オーケストラやコーラスがたくさん出演することのできる第九を演奏して収入を確保するためだったのだとか。

    今では大晦日の第九はすっかり定着して、普段あまりクラッシックを聞かない私でも、大晦日は第九を聞いちゃったりしますもの。

    映画『天使にラブ・ソングを2』に収録された『Joyful Joyful』は第九の『歓喜の歌』を元に作られた歌。同じ歌なのに、歌詞もテンポも全く違うのが面白い。ローリン・ヒルの美しいソロパートもおすすめです。

    「天使にラブ・ソングを1&2」オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
    サントラ デロリス&ザ・シスターズ デロリス&ザ・シスターズ&ザ・ロネルズ レディ・ソウル デロリス&ザ・ロネルズ フォンテラ・バス エタ・ジェームス ディー・ディー・シャープ C+Cミュージック・ファクトリー カッティング・エッジ (2002-11-07)売り上げランキング: 3,732


    そんなわけで、みなさん、よいお年を…

    JUGEMテーマ:大晦日


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL