2014.03.11 Tuesday

震災を風化させないことと、ボランティアについて考えた。

あまり、何年目だからどうこう、って書くのはあまり好きではないのですが。おもいついたことをつらつらと書きたくて。テレビでは東日本大震災の記憶の風化について取り沙汰されています。

私は、別に特別なことをしなくても、折にふれて思い出すことが大切なのではないかと、日々思っています。

私が震災のことを忘れないためにやっているのは



お風呂に入って温かいお湯がでる時。
温かい布団で眠る前。
家族に看取られて死んだ父親の位牌に手を合わせる時。
家族が毎日、無事で返ってきてくれる時。

こんな時に、震災のことを思い、被災で苦労されている方々を思います。思うだけで何にもできないのだけど。

これらはみんな「普通」じゃない、「特別」なことなのだと、日々の生活の中でも感じることを大事にしています。

ボランティアついて


震災以来、微力ではありますが、折にふれてボランティアとまではいかないような、ちょっとしたお手伝いを続けています。そこで感じたこと。

すばらしい人達との出会い


ボランティアで出会った人たちは本当に素晴らしい方が多く、よいご縁をいただき、人生の宝物になりました。

みんなをまとめあげ、すばらしいリーダーシップを発揮する人。
アクティブにさまざまなボランティアにチャレンジする人。
自分のできることで協力する人。

まあ、中には賞賛を得るためにボランティアをし、自分の意見をゴリ押しする困った人もいましたけれどね。(;´・ω・) そういところは、ボランティアも会社組織のと人間関係と同じですね。
うまく使いこなしていかなきゃならない。

生意気にも意見するとしたら、ボランティア情報の発信が重要


また、友人知人たちの話を聞くと、「なにかしたいけれど、どこで何をしたらいいかわからない」という話を聞きます。
確かに、ボランティアをよくやるコミュニティはそこで情報が留まってしまって、言い方悪いけれど集まるのは同じような考えの方になってしまいます。

私がFacebookをやりはじめたのも、ボランティア関連情報がそこしかなかったからだし。
ボランティア関連の人たちは、もっと、「やりたいけれどわからない」人たちにわかりやすい情報の発信が必要なのではないかなと、思うのです。


ふんばろう東日本支援プロジェクトの代表・西條 剛央さんの著書



JUGEMテーマ:東日本大震災


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947040

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM