2015.07.02 Thursday

「蛍川・泥の河」 宮本 輝

先日、テレビで宮本輝さんをみかけ、久しぶりに「蛍川・泥の河」を読み返してみました。物語の舞台は両方とも昭和30年代。生と死が、現代よりも濃密に感じられた小説でした。

泥の河 あらすじ


川のほとりにあるうどん屋の息子・信雄は、ある日、川にやって来た舟の息子、喜一と知り合う。喜一は母と姉と、舟で暮らし各地を放浪していて、喜一の母はどうやら、人に言うのがはばかられる商売をしているらしい…

昭和三十年代はまだ、荷馬車や舟で暮らす水上生活者が多くいたり、戦争の傷跡がそこかしこに残っていた時代です。主人公は物語の中でなんども、死を含めた人との別れを経験します。

主人公の父親も戦争帰りで「一生懸命生きて、死ぬときはスカみたいな死に方をするもんや。」と語って聞かせます。生と死が身近で、それでいてとても濃厚に迫ってくる、そんな時代だったのかもしれません。

私が好きなのは、天神祭の場面です。お祭りの喧騒と臭いや、ふたりのワクワクした気持ちが伝わってくるようで。信雄と喜一がお小遣いをもらって、目当てのロケットを買いに行くんですが、喜一のポケットに穴が空いて、小銭を落としてしまうんです。ここがもう、切なくって…。

お祭りって楽しいけれど、どこか寂しくて、そんな寂しさに胸がぎゅっとなるんです。

蛍川・泥の河 (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2018/8/29 18:19時点)




蛍川 あらすじ


昭和三十七年、三月。中学生の竜夫は、知り合いの銀蔵爺から、今年は蛍の大群が発生すると聞き、幼なじみの英子を誘おうと考える。英子とは昔、ホタルの大群がきたら観に行こうと約束をしていた。

しかし、年老いた竜夫の父が倒れ、竜夫と母の生活は困窮することに…。

ここでも、死が濃密に描かれます。年老いた父親の死、友人の死。思春期特有の父親への憎悪も描かれます。この時期の男子はとかく父親が疎ましいものです。けれど父の死後、父にゆかりのある人達と交流することで、彼が想像したこともなかった、若き日の父親像とも対面します。

年老いた父親と思春期の少年の葛藤のような感情は、宮本輝の自伝的要素も入っていて、これらの設定はライフワークである「流転の海」にも受け継がれているのではないでしょうか。

一方で、蛍の大群には、力強い「生」を感じます。おそらく、この蛍を観た後、主人公とヒロインは別れてしまうのでしょう。そんな別れの切なさも、蛍の乱舞が激しいほど、切ないです。


小栗康平コレクション1 泥の河 (小栗康平コレクション<全5巻>)

中古価格
¥3,155から
(2018/8/29 18:19時点)




JUGEMテーマ:オススメの本

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947043
角川文庫1980年 2月 初版発行1994年 6月 63刷発行解説・水上勉173頁 「泥の河」第13回(1977年)太宰治賞受賞昭和30年頃の大阪堂島川と土佐堀川が合わさる安治川に、橋が三つ架かった場所、藁や板切れや、腐った果実が浮いている川岸で食堂を営む家の少年と
  • 読書と映画とガーデニング
  • 2016/12/22 7:52 AM

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM