「村上海賊の娘 上巻」 和田 竜

2014.04.10 Thursday

0
    2014年本屋大賞受賞作となった「村上海賊の娘 上巻」を読みました。確かに全国の本屋さんが売りたくなるのがわかる、納得の面白さです。もともと、大賞を取る前、書店に並び始めた時から「これは読まねば!」と直感的に思った作品です。そして、読んでみて、大当たりでした。

    信長と本願寺、7年にわたる闘争の中、劣勢の一向宗、本願寺を救うため、本願寺に加勢した雑賀孫市は、毛利家と能島村上当主にして海賊王、村上武吉を引き込むという、大胆な作戦を提案する。

    その、能島村上の姫・景は自ら海賊ばたらきを行うほど、腕の立つ姫。景は助けた一向宗門徒の百姓を送り届けるため、渦中の泉州へ一人向かうことになり、戦の渦中に身を投じることに…。

    村上海賊の娘 上巻
    村上海賊の娘 上巻
    posted with amazlet at 14.04.09
    和田 竜 新潮社 売り上げランキング: 1


    設定の面白さ、キャラクターの面白さ


    雑賀(鈴木)孫市


    まず冒頭から驚かされます。戦国時代の鉄砲専門集団、雑賀衆の頭目・鈴木(雑賀)孫市が登場します。猛禽類のような、鋭い目を持つ孫市の登場に、これから何が起こるのか、読んでいる方は、これからの展開に自ずと期待がふくらんでいくのです。

    上巻後半、一糸乱れぬ雑賀衆を指揮し、自らもまたスナイパーとして敵の大将を撃ち抜き、信長をも狙う、孫市の手腕と狙撃シーンには、読んでいて息が詰まるほどです。

    村上景


    孫市登場の後、主人公・景が登場するのですが、その登場シーンのかっこよさと言ったら!
    揺れる関船の上に立ちはだかる姿、違法の船に乗り移ってからのスピード感あふれる戦闘シーンは圧巻でした。
    なんだか、ジブリアニメの戦闘シーンを彷彿とさせるくらい、人間離れした早さと剣技がすばらしいんです。

    景姫は「悍婦で醜女」と評されていますが、その「醜女」というのは、戦国時代の感覚なので、描写を読むぶんには、今だったら、モデルさん並の美貌とスタイルをあわせもっている人だと思います。そんな景なので、異国の価値観を理解する泉州の侍たちにはモテモテだという意外な一面も。

    ただ、景の性格はひとことでいうなら「やんちゃな子ども」そのまま。自らの欲望に忠実で、禁止されて率いる海賊働きを率先してやっちゃうし、「泉州だったらモテますよ」と、門徒の爺の口車にのって、戦の渦中にとびだしてゆくし。かっこいいけれど、読者を引きつけるには今ひとつ、成長が必要かな…と、思っていたら、後半面白いことになってくるのですよ。この景の行動が大きな歴史のうねりとなっていき、下巻の展開につながっていきます。

    七五三兵衛たち泉州侍


    景が旅の途中で出会う泉州侍たち、泉州海賊の頭目、七五三兵衛やその父親の道夢斎、泉州海賊たちのキャラクターがまたいいんです。国際都市・堺に近く、当時としては破天荒で型破り、そして独特の美意識をもっているため、彼らにとっては醜女の景がものすごい美女として認識され、景を歓待します。

    その宴のシーンや、七三兵衛たちが景に夜這いに行くシーンなどは、おおらかでコミカルで、読んでいて本当に楽しかった。


    歴史の中で、大ボラを吹く


    作者の和田竜さんも作中書いていますが、村上海賊の王、村上武吉に娘がいたことは、ただひとつの歴史書に記されているだけなのだとか。おそらくはそんなに多くはない記述から、ここまで景のキャラクターをつくりあげ、有名な合戦の中に織り込ませる設定と物語の面白さは、さすがとしか言いようがありません。
    登場人物たちが活き活きとしていて、どこまでが歴史で、どこからがフィクションなのかが判断できないほどなんです。

    特に面白いな、と思ったのが、景と同じく瀬戸内の「戦う姫」として語られる、鶴姫の描き方。伝説上の人物とされる鶴姫と景への影響を、うまーく収めてみせた。これなら頭の固い歴史マニアも、ぐうのねもでまい。和田さんさすが。

    和田竜作品感想


    小太郎の左腕
    のぼうの城
    戦国時代余談のよだん
    村上海賊の娘 下巻


    JUGEMテーマ:本屋大賞

    JUGEMテーマ:オススメの本


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    和田竜 著 
    • Akira's VOICE
    • 2014/04/20 10:17 AM
     本屋大賞受賞の「村上海賊の娘」(和田竜:新潮社)の上巻。時代は、天下を目指していた織田信長が、石山本願寺と対立を続けていた時代。ヒロインの村上景は、能島村上水軍 ...
    • 風竜胆の書評
    • 2014/05/11 6:01 PM
    村上海賊の娘(上巻) 和田竜の時代小説  『のぼうの城』から六年。  四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作!   2014年本屋大賞受賞作 村上海賊の娘( ...
    • ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意
    • 2016/12/24 5:32 PM
    この記事のトラックバックURL