「そんへえ・おおへえ―上海生活三十五年」 内山 完造

2014.04.17 Thursday

0

    伝説の内山書店、その始まり


    大正時代、上海でひとつの本屋が開業しました。夫の行商の留守に妻が内職がわりに勤しむための、小さな書店でした。

    しかしそれが上海在住の日本人、魯迅をはじめとした中国人インテリなどが集まる一大サロン、有名な「内山書店」の始まりでした。

    当時の中日文化交流のサロンとしての役割をになった内山書店、その創業者である内山完造氏の上海での出来事を綴ったのが「そんへえ・おおへえ―上海生活三十五年」です。内山書店創業のエピソードや氏が行なった広告手法、書店以外に手がけた日本語学校の創設など、当時の内山書店と、内山完造氏の体験談が書かれています。

    そんへえ・おおへえ」とは、上海を現地の発音で聞き取ると、こう聞こえるのだとか。また、「おおへえ」とは、上海の下海地区を同じく現地発音読みしたもの。なんだか、レトロでノスタルジックで、どこか優しくなつかしい響きです。

    内山完造氏が暮らした当時の上海は、きっとこの言葉「そんへえ・おおへえ」の音のように、おおらかだったのでしょうね。
    旧仮名使いの古い言葉は、読みづらい部分もあるのですが、かえって古き良き時代への憧れが駆り立てられます。
    岩波新書の特装版の装丁も美しく、レトロ上海好きには、手元に置いて楽しみたいと思える一冊です。


    そんへえ・おおへえ―上海生活三十五年 (1950年) (岩波新書〈第16〉)

    中古価格
    ¥1,582から
    (2019/5/19 13:23時点)




    詩人の金子光晴も内山完造にめんどうをみてもらっていたのだとか。

    どくろ杯 (中公文庫)

    中古価格
    ¥154から
    (2019/5/19 13:25時点)




    レトロ上海関連書籍


    上海モダンの伝説
    上海セピアモダン
    上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL