2014.04.23 Wednesday

まほろ駅前多田便利軒、完結?『まほろ駅前狂騒曲』 三浦 しをん

多田と行天の便利屋コンビが活躍する、まほろ駅前多田便利軒駅前シリーズも三巻め。「まほろ駅前狂騒曲」では、いよいよ今までの伏線が回収され、物語も一応の区切りがついたようなのですが…。

まほろ駅前狂騒曲 あらすじ


まほろ駅前で便利屋を営む多田と、居候の行天。なんだかんだでこの2人のバディ生活も2年を過ぎ、行天に振り回されつつも、安定した日々を送っていた多田に、またもトラブルが持ち込まれる。

ある事情から離れて暮らす行天の娘・はるを、母親から半ば強引に押し切られて預かることになる多田。自分の遺伝子上の娘といえど、幼児を恐れる行天への説明に四苦八苦することに。

また前回「まほろ駅前番外地」に登場した無農薬野菜販売団体「家庭と健康食品協会(HHFA)」が、いよいよ本性を表し、学校給食やヤクザにまで販路拡大を狙う。

HHFAを快く思わない、まほろ裏社会を仕切る星から、多田は半ば強引に調査を依頼される。
なれない育児に奔走し、やばい仕事を依頼され、おまけにバスの間引きを疑う顧客の老人・岡が仲間とバスジャック!はたして多田と行天は無事に事件を乗り切ることができるのか…。


三浦しをんが描く、駅前人情シリーズ


昭和30年代、森繁久弥らが登場する「駅前シリーズ」という人情喜劇の映画がありました。
最初に「まほろ駅前多田便便利軒」のタイトルを見たときに、お人好しのおっさんが、周囲の困っている人を助ける、駅前人情シリーズのような話かとおもっていました。読んでみると、だいぶ違いましたが。

人情というよりハードボイルド、過去を背負った男たちの話でした。しかし、シリーズを読み進めていくいちに、なんだ、やっぱり人情ものなんじゃないか、と。

多田は過去に子どもを亡くし、行天は宗教がらみの母親から虐待を受けた過去を持ち、それぞれが過去を背負いながらも、仕事で出会った人々や、事件を通じて、過去を受け入れながら、もう一度前を向こうと思い始めます。

つらい過去を背負っているからこそ、夫を亡くした亜希子や、親に犠牲を強いられる子どもたちに彼らはぶっきらぼうながら、彼らの傷ついた心に沿おうとします。実は相手のことを思うことが、彼らの過去を癒していくことになるのですが。

行天が宗教にはまった母親に振り回される子どもに「大事なのは正気でいること、常に自分の正気を疑うこと」と話すシーンは、きっと、行天は子どもの頃、自分で自分を守るしかなかったんだな、だから同じ立場の子どもに、この言葉をかけることができたんだろうな…

大団円…かな?


行天は、自分の子どもであるはると出会い、一緒に暮らしたことでなにか吹っ切れたようで、多田もまた、亜希子と交際をはじめて、多田便利軒のまわりは新しい風がふいてきたようです。しかし、事件が解決すると行天は行方不明に…。いったいどこへ行ってしまったのか?と思ったら、思いもかけない大団円が待っていました。

これで、まほろ駅前多田便利軒は一応の完結したようですが、物語は新生多田便利軒の再スタートで終わっているし、まだ行天の母親の行方も知れないので、また新たな形で多田便利軒シリーズ、続いていって欲しいです。

まほろ駅前狂騒曲
まほろ駅前狂騒曲
posted with amazlet at 14.05.07
三浦 しをん 文藝春秋 売り上げランキング: 48,214



三浦しをん作品感想


「むかしのはなし」→
「まほろ駅前番外地」→
「まほろ駅前多田便利軒」→
「月魚」→
「舟を編む」→
「風が強く吹いている」→
「きみはポラリス」→
「木暮荘物語」→
「星間商事株式会社社史編纂室」→
「三四郎はそれから門を出た」→

JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947053

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM