『お父さんと伊藤さん』 中澤 日菜子

2014.05.10 Saturday

0
    父親と彼氏と私との奇妙な同居生活を描いた『お父さんと伊藤さん (講談社文庫)』を読みました。

    『お父さんと伊藤さん』


    彩は、34歳でアルバイト生活をしていて、同棲中の彼氏の伊藤さんとは、20年が離れている。世間からみたら負け組なふたりだけれど、本人たちはこの生活を楽しんでいる。けれど、ある日、兄のところで暮らしていた彩の父親が突然やってきて、奇妙な同居生活が始まることになり…。

    お父さんと伊藤さん (講談社文庫)
    中澤 日菜子 講談社 (2016-08-11)売り上げランキング: 74,441


    取扱注意の父親


    彩のようなアラサー世代以上の「お父さん」は、なにかと取り扱いが難しい世代です。彩と伊藤さんの生活や仕事についても、お父さんの価値観からすると、彩たちの生活も最初は「普通ではない=よくない」こととして捉えています。

    この世代の「お父さん」は、自分の価値観と子ども世代の価値観、世間とのギャップがうまく埋められないし、伝える方法が下手なんでしょうね。

    彩のお父さんも、家族に対してだけは甘えから、威張ったり、説教をしたりするのですが、家族のクッション役だったお母さんがなくなると、当然、子どもたちには反発されてしまいます。彩の家に来ても当初は伊藤さんと顔を合わすのが嫌で、部屋に引きこもったり、ぶらりとどこかへでかけたりして彩をやきもきさせます。

    やがて彩は、父が兄夫婦と同居できなくなった、「本当の理由」を知ることになるのですが…。

    彩の気持ちもわかるし、お父さん側の立場にたってみると、その切ない気持ちもわからないわけではないし。
    家族だからこそ、難しいんですよね。特にお父さんという生き物は、自分の気持を正直に伝えるのが下手だからなあ。

    それにしても、伊藤さんの正体、一体何者なんだ…。

    お父さんと伊藤さん
    お父さんと伊藤さん
    posted with amazlet at 14.05.09
    中澤 日菜子 講談社 (2014-01-08)売り上げランキング: 119,408


    JUGEMテーマ:書評

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    日月さん、こんにちは!
    これ、随分前に読まれていたのですねー。
    自分だったら、どうするだろうか・・?とか、色々考えながら読んでしまいました。

    ところで、逃げ恥!!
    私も毎週とっても楽しみに見ています。
    漫画は1巻しかお試しで読んだことがなくて、ドラマを先に見たのですが、先週の最後のキスシーンまでの電車の中は、ほんと素晴らしかったですね。
    日月さんは、原作からのファンなのですね^^
    • by latifa
    • 2016/11/21 8:30 AM
    latifaさん、まさか、「お父さんと伊藤さん」が映画化されるとは、読んだ時は思いもしませんでした。
    でも、リリー・フランキーの伊藤さん似合ってますね。
    飄々としていて♪
    • by 日月
    • 2016/11/21 10:22 PM
    コメントする
    トラックバック
    凄く良かったです。
    • ポコアポコヤ
    • 2016/11/21 8:23 AM
    この記事のトラックバックURL