2014.05.17 Saturday

「物語ること、生きること」 上橋 菜穂子 瀧 晴巳

作家には、二種類ある。作家という職業になりたいものと、書かずにはいられないものだ。」そう書いたのは有川浩先生ですが、精霊の守り人や、獣の奏者などの名作ファンタジーを生み出した作家、上橋菜穂子先生も、書かずにはいられない作家だと思います。


「物語は、私そのものですから」


「物語ること、生きること」は、「どうしたら作家になれますか?」という、子どもたちの必死の思いに、同じように作家になりたいこどもだった上橋先生が、作家になるまでの道のりをインタビュー形式で語ってくれた本です。


物語ること、生きること
上橋 菜穂子 瀧 晴巳 講談社 売り上げランキング: 16,300



こども時代の上橋先生には、画家である父親と、子どもの進路を見守る母親、それに、語り部として昔話を伝えてくれた、おばかあさんからの影響がありました。作家としての上橋先生は、最初から恵まれた環境にあるといえるかもしれません。けれど、それだけで作家としてデビューできるほど甘い世界ではないのでしょう。上橋先生も最初は、書きたい物語ではなく、書きたいシーンしかかけなったそうです。そこから、短くても完結した物語を書くために努力をし、書きたいものを書くための「修行」が始まるのです。

体感することの大切さ。


上橋作品の魅力のひとつが、異世界とそこに住む人々のいきいきとした描写だと思います。
上橋先生は、文化人類学者としてのフィールドワークのほかにも、実際に武道を体験してみたり、昔の鎧をつけてみたりと、とにかく「体感」することを大事にされています。もちろん、体験出来ないこともあるのでしょうが、その場合も、登場人物の気持ちにそって、考えて、考えて、描かれているのだと思います。だから、読み手に迫ってくるのでしょう。

実在感


小説(特にラノベ)の中には、事件や人の死が、とても軽く感じられるものがあります。書き手がただ感覚的に殺そう、生かそうと思って書かれた文は、読み手にもその安易さは伝わるんです。でも、上橋作品で描かれる人の死には、重みがあり、それが読み手に迫ってきます。それは決して絵空事などではなく、その世界で、実際に起こっていることとして感じるのです。


2つの職業


小説家としての上橋先生の側面は、これまでも特集記事等で語られてきましたが、もうひとつの職業である文化人類学者としての体験も書かれていて、こちらもとても興味深い内容でした。

読み手が体感できる物語を紡ぐため、文化人類学を学び始めた上橋先生。「精霊の守り人」のキャラクター呪術師トロガイは、フィールドワークで会った沖縄のおばあたちからヒントを得たそうです。

文化人類学はとにかく現地へいっての調査が重視されるため、オーストラリアのアボリジニたちに会うためなら水曜どうでしょうの企画並にオーストラリア全土を何千キロも、車を飛ばして行ったそうです。せっかく訪ねても門前払いされたり、悔しい思いもたくさんあったそうですが、そこからの体験が物語に反映されていってるのですね。


隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民 (ちくま文庫)
上橋 菜穂子 筑摩書房 売り上げランキング: 105,002


上橋作品感想


「精霊の守り人」→
「闇の守り人」→
「夢の守り人」→
「天と地の守り人」→
精霊の守り人シリーズ外伝「流れ行く者」→
精霊の守り人シリーズ外伝「炎路の旅人」→
精霊の守り人レシピ集「バルサの食卓」→
「獣の奏者 闘蛇編・王獣編」→
「獣の奏者掘|亀翳圈廣
「獣の奏者検ヾ扱詈圈廣
「獣の奏者 外伝 刹那」→
JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947061

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM