「ダーティ・ワーク」 絲山 秋子

2014.05.23 Friday

0
    絲山秋子さんの「ダーティ・ワーク」を読みました。
    最初、タイトルをみたときは、ハードボイルドな内容を想像したのですが、読んでみると、まったくちがいました。いくつかの男女の恋愛や、日常が淡々とつづられていきます。

    ダーティ・ワーク」は、ローリング・ストーンズのアルバムタイトルと曲名がつけられた、数組の男女の日常の断片が描かれていく短篇集。各章に登場する人物たちは、それぞれ別の登場人物とか関わっている。

    登場人物たちが作中でつながって物語は、読んでいてワクワクするのですが、絲山作品はそうじゃない。
    「つながり」というより「関わり」かな?うまく表現できないのだけど。明るい「つながり」というより、もっと淡々としつつ、深い「関わり」のような気がします。

    人は生きていく上で、かならず誰かと、どこかで関わっている。そんな人々のある日の日常や感情が描がれている。
    すごく面白い、と言われたらそうじゃないし、ワクワクする話でもない。
    でも、じわじわと惹き込まれる。そんな物語です。

    ダーティ・ワーク (集英社文庫) (集英社文庫 い 66-1)
    絲山 秋子 集英社 売り上げランキング: 124,980


    絲山秋子作品感想
    「沖で待つ」

    JUGEMテーマ:読書
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL