2014.06.07 Saturday

金城一紀原作、映画をモチーフにした物語 「映画篇3、4」 金城 一紀×遠藤佳世

金城一紀さん原作の「映画篇」の漫画版もいよいよ完結。5つの映画をモチーフにした短篇集は、最後の篇「愛の泉」ですべての物語がつながっていきます。

映画篇 3 (ビッグコミックススペシャル)
金城 一紀 小学館 (2014-04-30)




小説と漫画の相性


金城一紀さんと遠藤佳世さんのコンビはすごく相性がよくて、原作とおりの描写もあれば、そうきたか!と意外なシーンが盛り込まれたり、漫画ならではの表現がすごくいい。だから漫画を読んだ後、もう一度原作を読み返して、違いを確かめずにはいられませんでした。それがまた、楽しい作業なんです(*´∀`*)

そして、私の一番好きな物語「愛の泉」がいよいよ漫画になりました。「愛の泉」は、最愛のおじいちゃんを亡くして元気のないおばあちゃんを、孫達が「ローマの休日」を上映することで元気づけようとする物語です。

原作「映画篇」感想→

主人公の哲やいとこたち、それぞれに物語があるし、おばあちゃんがおじいちゃんと出会って、初めて映画を観るまでのエピソードや、クセのある賢者のような浜石教授など、実際に漫画で見ることができてうれしかった。原作にはない、アホの子ケン坊がアホアホパワーを発動させて問題を解決するシーンは、読みながら愛おしさがこみ上げてきました。ケン坊は「レヴォリューション No.3」の山下みたいで愛おしい。

「愛の泉」とは対照的に「ペイルライダー」は悲しい話なのだけど、、主人公の男の子が出会った「バイクのおばちゃん」のエピソードが追加されていて、おばちゃんが最後にどうしてあの行動をとったのかが、よりわかりやすくなっています。悲しいけれど、きちんと希望がのこされていて、この作品も大好きです。

漫画版 映画篇1,2巻の感想→

映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)
金城 一紀 遠藤 佳世 小学館 (2011-03-30)


映画篇 2 (ビッグコミックススペシャル)
金城 一紀 小学館 (2012-01-30)



金城一紀作品感想


GO→
対話篇→
映画篇→

ここからゾンビーズの冒険がはじまります。
レヴォリューション No.3→
舜臣と中年サラリーマンの奇妙な師弟関係。
フライ,ダディ,フライ→ゾンビーズと一緒に冒険する女の子が主人公の物語。
SPEED→

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947070

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM