老上海の舞台装置に期待しすぎた。 「月下上海」 山口 恵以子

2014.06.10 Tuesday

0
    戦前、魔都と呼ばれた上海の街を舞台にした「月下上海」を読みました。「月下上海」は、悲しい過去を背負って上海へ渡った財閥令嬢の女流画家が、陰謀に巻き込まれながらも、持ち前の才知で時流を生き抜いていく物語です。


    老上海の舞台装置に期待しすぎた


    面白いけれど、期待しすぎた…


    戦前の老上海は、秘密結社や犯罪組織、美しい建物の裏に阿片窟など、清濁入り交じる、恐ろしいけれど魅力的な都市でした。上海そのものが下手なドラマより面白い舞台装置なんです。

    だから、そんな老上海には、自ずとスパイやら国境を超えた悲恋やら地下活動などのサスペンスや悲劇を求めがちなんですが、「月下上海」にはそうした非日常的なドラマティックさはなく、上海を舞台としながらもメインは多江子と周りの男達の愛憎の物語でした。

    老上海という舞台装置で、私が求めている話とは違っていたので、少々がっかりしました。

    老上海の面白さがいまいち伝わらない


    アイリーン・チャンの「色・戒」と、柳広司の「ジョーカー・ゲーム」を読む前だったら、もう少し面白いと思ったかもしれません。

    この2つの小説は、読んで行くと、読み手も実際に戦前の老上海の街角に立っているような感覚を味わえるのですが、「月下上海」の上海描写は、現代から地図と資料で説明されている感じ。
    いまひとつ街への体感が感じられず、物語の世界に入れなかったのが残念でした。


    前半はサスペンス、後半は昼ドラ…


    憲兵の槇に半ば強引に中国人資産家・夏へのスパイ活動を強要される多江子。仕方なく夏の家を訪れていくうちに、夏に特別な感情を抱くようになり…。

    前半では、多江子の過去の悲しい事件が描かれ、スパイ活動など大掛かりなサスペンスへの展開の予感と、これから一体、どんなドラマチックな展開が待っているのかとおもいきや…

    主人公のスパイ活動は映画「ラスト、コーション」や原作「色・戒」を思いおこさせるのですが、所詮は素人スパイですし、たいした効果は得られません。そこからは陰謀やサスペンスは姿を消し、多江子と周りの男たちとの昼ドラ的な愛憎劇が展開されます。

    多江子の周りには、元夫、憲兵、中国人実業家、抗日運動家の学生、父親の部下、幼なじみなど、いく人もの男たちが集まってくるのですが、人数が多いので各人のエピソードが薄くなってしまっていました。もう少し、ページ数があったら、各人の多江子との関わりが掘り下げられたかもしれないのが残念。


    月下上海
    月下上海
    posted with amazlet at 14.06.10
    山口 恵以子 文藝春秋 売り上げランキング: 16,153

    JUGEMテーマ:書評


    どうでもいいけど、もやもやしたこと


    文中に「絆創膏」って表現がでてきます。絆創膏って日本では戦後に発売されたと京極夏彦の小説で書かれていたんです。

    確かに、外国もののバンドエイドは上海にはあったかもしれないし、憲兵の槇やセレブの多江子なら、楽に手に入るのかもしれないけれど、この当時、絆創膏が普通にあるように感じられちゃうような表現なんだよなあ。

    出版社には校閲という、考証と文章のスペシャリストがいるのだから、もう少しわかりやすくアドバイスしてくれればいいのに…。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    月下上海著者:山口恵以子文藝春秋(2013-06-21)販売元:Amazon.co.jp スキャンダルを逆手にとり人気画家にのしあがった財閥令嬢・八島多江子は、戦時統制下の日本を離れ、上海に渡った。 ...
    • 苗坊の徒然日記
    • 2014/06/15 4:29 PM
    この記事のトラックバックURL