ちょい足し手芸の教科書 「ちくちく針しごと」 伊藤まさこ

2015.03.03 Tuesday

0
    伊藤まさこさんの手芸本「ちくちく針しごと」は、ちょい足し手芸のアイデアがたくさん。

    ・白いシャツの衿を、赤い糸でザクザク縫うだけで、ふつうのシャツ牙オリジナルアイテムに。
    ・きれいなハギレを丸く切って、縫い、キュッと絞れば、ちょっとした服の飾りに。
    ・余ったボタンはランダムにたくさんくっつけて、服やバッグのアクセントに。

    家にあるハギレやボタンでも、ちょっと手間をかけるだけでかわいい洋服や小物にリメイクすることができます。
    ボタン付けやまっすぐ縫いができれば、難しいテクニックも必要ありません。

    日本人は毎年、10kgの服を買い、9kgを捨てている、と言われています。

    ちょっとした工夫で、まだ着れる服をよみがえらせることもできるのです。

    ただちょっと、残念なのは、ちゃんとした作り方が載っていないこと。モチーフ自体が簡単ですし、写真だけでもでなんとか作れますが、作り方や工程は載せて欲しかったです。

    ちくちく針しごと

    中古価格
    ¥1から
    (2018/9/4 17:53時点)





    ・「ちくちく針しごと」を参考に、シンプルなシャツをひと工夫。襟にステッチをいれてみました


    家事のニホヘト

    中古価格
    ¥230から
    (2018/9/4 17:53時点)




    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL