[映画] るろうに剣心 京都大火編

2014.09.02 Tuesday

0
    夏の暑さに引けを取り、今頃になって「るろうに剣心 京都大火編」を鑑賞。
    面白かった、面白かったけど…、長かった。そして辛かった…。

    ダークでホラーなるろうに剣心


    いや、剣心自身がダークってわけじゃないんですが(^^;)映画の全体的に暗く、エグい内容が目立ちました。画面の色もダークブルーで暗い印象なんです。

    一番ドン引きだったのは冒頭の溶鉱炉のシーン、警官たちが溶鉱炉の中に落とされ「じゅっ」って嫌な音がするんですよ。殺陣のシーンの凄惨さならいいんですが、これはなあ…(^^;)。正直、人が焦げる臭いがするような気がして気分が悪かった。

    物語が進むと、敵役の志々尾自身が生きながら焼かれる経験をしているので、それの意趣返しってことなのでしょうけど…。

    他にも「楽」以外の表情を制約された宗次郎の狂気、剣心を付け狙う四乃森蒼紫の執拗さとか、藤原竜也さんの志々尾の怪演とか、もう今回は、まともなやつが出てきやしねえ(^^;)

    前作も悲惨さはありましたが、今回は怪演が多すぎて脳がもたれます。香川照之さんが演じた武田観柳の、突き抜けた明るさを持つ悪役に懐かしささえ感じます。今回そのポジションは滝藤賢一さんが担っていましたが、いかんせん、出番が少なすぎた…。


    正直長いのだけれども


    二時間半に渡る長丁場、続編につなげるべきエピソードを詰め込みすぎて、正直長いなあという印象でした。ハリー・ポッターの最後の二部作も、一作目はやたらと暗く、エピソードと伏線をギュウギュウに詰め込んでいたので、これも二部構成の特徴なのかもしれませんが。

    多くのエピソードの中で私が好きだったのは剣心と刀鍛冶赤空・青空との出会いです。赤空役は「BORDER」で掃除屋を演じたミュージシャンの中村達也さんで、独特の存在感があり、息子役の渡辺大さんもすてきでした。最後の一刀を剣心に託す場面は、刀の他に、思いをも託す意味もあり、派手ではないけれどもいいシーンでした。

    ラストシーンには意外な人物も登場し、これからの展開が気にかかる、ワクワクした感じに仕上がっております。続編「伝説の最期編」が楽しみです。


    JUGEMテーマ:映画の感想


    「るろうに剣心 伝説の最期編」
    前作「るろうに剣心」
    コメント
    日月さん、こんにちは!
    ご覧になられたんですねー。テレビでは続編のCMも流れ出し、早いーって驚いています。

    私もあの刀の親子の部分は好きだったなぁ、私はよく知らない役者さんでしたが、日月さんはチェックが入っていたのですね☆
    • by latifa
    • 2014/09/04 11:43 AM
    latifaさんへ
    刀鍛冶の息子役を演じていたのは、渡辺大さんといって、渡辺謙さんの息子さんです。
    前に私の好きな特撮アクションに出演していたのですが、得体の知れない悪役と、今回の役のギャップがあって驚きました。

    あの金髪の刀狩り男も、二世俳優さんだそうで、最近の二世俳優のクオリティ牙が高いですね~(*´∀`)
    • by 日月
    • 2014/09/04 6:31 PM
    コメントする
    トラックバック
    1作目はお家DVDで鑑賞して、とても面白かったので、今回は劇場に行きました。 予告編やら番宣で、すでに主要シーンを沢山見てしまっていたため・・・・3つ★半
    • ポコアポコヤ 映画倉庫
    • 2014/09/04 11:40 AM
    □作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心 京都大火編」 □監督 大友啓史□脚本 藤井清美、大友啓史□原作 和月伸宏□キャスト 佐藤 健、武井 咲、青木崇高、大八木凱斗、蒼井 優■鑑賞日 8月3日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★
    • 京の昼寝〜♪
    • 2014/12/01 8:36 AM
    この記事のトラックバックURL