2015.01.07 Wednesday

しゃばけシリーズ外伝 「えどさがし」 畠中 恵

しゃばけシリーズ外伝「えどさがし (新潮文庫)」読了。通常のしゃばけシリーズと異なり、今回、若だんなはあまり出てきません。

おなじみの仁吉や佐助、妖が見える僧・寛朝さまや、若だんなに知恵とお菓子を拝借しに来る、親分とそのおかみさんの話など、しゃばけの登場人物たちが主人公になり、身に迫る難題を(若だんな抜きで)解決していきます。

えどさがし (新潮文庫)
畠中 恵 新潮社 (2014-11-28)売り上げランキング: 1,349


五百年の判じ絵


これはまだ、犬神の佐助が若だんなと出会う前のお話。あてもない旅を続ける佐吉の前に、人に化けた狐・朝太が現れる。

茶店の判じ絵(絵文字)の謎を解いていくうち、どうやらそれが佐助の500年前の約束に関わることだとわかる。けれどそこへまたお稲という狐が現れ、珍道中が始まることに…。判じ絵の謎が解かれていくうち、佐助は500年前の約束事を思い出していきます。

太郎君、東へ


若だんなたちと関わりのある河童の親分・禰々子は、このところ利根川の化身・坂東太郎が荒れているのに頭を悩ませていた。

原因を探ると、人間たちが利根川の流れを勝手に変えようとしているらしい。様子を探るべく普請場へ向かった禰々子は、普請を行う侍・小日向に出会う。小日向をにくからず思うようになった禰々子は、坂東太郎に人間と真っ向勝負をするように諭すのだが…。

江戸初期、実際に行われた利根川東遷事業に案を取り、人間の都合で自然を変えられる側のドタバタを描いています。それにしても禰々子さん強い。

直木賞作家、門井慶喜さんの「家康、江戸を建てる」でも、利根川東遷事業について書かれています。
家康、江戸を建てる
家康、江戸を建てる
posted with amazlet at 18.02.21
門井慶喜
祥伝社
売り上げランキング: 3,791



たちまちづき


妖退治で有名な僧・寛朝の元には、人々からの怪異に関する相談事が後を絶たない。あるとき、口入れ屋の女房お千が亭主についた「おなご妖」を払って欲しいとやってくるが、寛朝といえでも「おなご妖」など聞いたことがない。よくよく聞くと、亭主が弱腰なのを、妖のせいだと思い込んでいるようで…。

その後、大滝屋が夜道で襲われ、その後大滝屋でも奉公先の騒動が発生し、女房お千の責任問題にまで発展するが、それを解決したのは、意外な人物で…。


親分のおかみさん


時々長崎屋の離れに現れては、お菓子と若だんなの知恵を拝借していく日限の親分。その女房・おさきは病がちで夫に面倒をかけるのを申し訳なく思っていた。

あるとき、自分の長屋の中に赤ん坊が捨てられ、同時に亭主が買っておいた昼ごはんまでが消えていた。長屋の住人に相談すると「捨て子を引き取るふりをした強盗事件」があることを知らされる。けれど、強盗に使われたのは女の子だという。果たして捨てられた赤子の正体は…。

話には出てきていた親分のおかみさん。こんな方だったんですね。拾い子をしたことで彼女自身も強くなっていったようでした。推理は親分よりも上手のようです。

えどさがし


明治20年代。「京橋」と名を変えた仁吉は、「江戸の頃をおぼえているか 一」という新聞の投書の出処を調べに新聞社へ。

そこでピストル殺人事件に遭遇し、事件に巻き込まれることに。警官に化けた妖かし・秋村から、投書の情報を調べるかわりに事件を調べてほしいと頼まれ、仁吉は明治の世でも面倒事に巻き込まれます。

果たして投書の主は若だんな(の生まれ変わり)なのか、ピストル事件の真相は…

時は明治に移り、若だんなはそこにおらず、妖かしたちだけが明治の世に残されています。仁吉たちは店を守り、姿を変えて若だんなの生まれ変わりを探しているのです。

こうした形で若だんなのいないのその後を知らされるのは、なんとも切ないのですが、「しゃばけ」では神様によって一度運命が変えられたこと(ゆんでめて)があるので、あくまでスピンオフの世界として考えておこうと思います。

しゃばけ本編では、若だんなと妖かしたちがずっとずっと一緒にいると、信じていますので。

「えどさがし」には畠中先生の「アイスクリン強し」に登場する洋菓子屋「風琴屋」のものらしき洋菓子がでてきます。いつか若様組や真次郎が仁吉たちに会うお話も読んでみたい。

アイスクリン強し (講談社文庫)
畠中 恵 講談社 (2011-12-15)売り上げランキング: 95,759


しゃばけシリーズ感想


「しゃばけ」感想→
「ぬしさまへ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
「たぶんねこ」感想→
「すえずえ」感想→
「なりたい」→

「しゃばけ読本」→
2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→
レビューポータル「MONO-PORTAL」
JUGEMテーマ:オススメの本

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947140

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM