ゆっくりと、進んでいく。『パンとスープとネコ日和』

2015.12.06 Sunday

0
    WOWOWドラマ『パンとスープとネコ日和』鑑賞。サンドイッチとスープを出す店を開いた女性と、周囲の人々とのものがたり。観ていると、忙しい日々で忘れがちな、自分のリズムを取り戻す感じのドラマです。

    パンとスープとネコ日和  DVD-BOX
    バップ (2014-01-15)売り上げランキング: 2,557


    『パンとスープとネコ日和』あらすじ


    編集者のアキコは、突然母を亡くしたこと、会社の無茶な人事異動を機に、母の遺した食堂を自分のセンスでやっていくことにする。仕事を通じて知り合った料理学校の先生にも後押しされ、サンドイッチとスープだけの、シンプルなメニューの食堂をオープンする。

    気持ちの良い、体育会系の女子・しまちゃんをスタッフに迎え、お店は徐々に繁盛していく。母の店の常連ヤマダさん、スダさん、喫茶ハッピーのママたちも、「店の先輩」として時におせっかいに、アキコの世話を焼いてくれる。
    そんなアキコの元に、ある日一匹のネコが現れて…。

    自分のペースで


    自分のペースと自分のセンスで、人生を歩んでいくのは、とてもむずかしいことだと思います。でも、アキコさんはそれまでの仕事をスパっと辞め、始めた食堂も起動にのり、はためからみると順風満帆なんですが、お客さんについて悩んだり、自分の出自(腹違いの弟がいる)について心乱されたりもします。

    それでも、アキコさんは自分のペースをたもちつつ、周囲のひとたちにも自然にやさしい。

    アキコさんの本当の才能は、編集でも食堂でもなく、自然体でいることと、心地よい人を引き寄せることなんじゃないかと思うんです。


    大貫妙子さんの歌うテーマ曲「パンとスープとネコ日和」もステキ。
    パンとスープとネコ日和 オリジナル・サウンドトラック
    金子隆博 大貫妙子 バップ (2013-07-24)売り上げランキング: 15,002



    JUGEMテーマ:wowow


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL