2015.01.21 Wednesday

辛いニュースをストレス少なく知る方法

以前放送された池上彰さんの番組イスラム国の特集で、奴隷売買の現場を撮影した映像を観てショックをうけ、しばらく立ち直れませんでした…。

辛いニュースであっても、直視すべきなのだろうけど、毎日辛いニュースばかりを見ていたら正直つらいものです。
どうにか、ストレスを少なく、知りたい情報を得る方法はないものだろうか。と考えていました。


例えば、先日読んだメンタリストのDaiGoさんの本には、ストレスを避けるにはなるべく悪いニュースを観ないと書いていました。あまりにも辛いニュースばかりを見過ぎたら、一旦そこから離れてみるのも手かもしれません。
不安や憤りだけでは、どうしてもネガティブな考えしか浮かびませんから。



辛いニュースをストレス少なく知る方法


ある時、プレジデントという雑誌で、昨今の政治経済、世界情勢などをまとめた記事を読みました。その中にはイスラム国の記事もあり、成り立ちやテロ活動、活動資金の調達などが詳細に書かれていました。

その記事を読んだだけでは、不快感や憤りはなく、ただ情報として認識することができたのです。ということは、辛いニュース、どうしても最低限知っておきたい情報は、文字で摂取したらいいのではないかと思うのです。

新聞や雑誌、ネットニュースなど活字媒体でなら、感情的にならずに必要な情報を得ることができるのではないでしょうか。映像はあまりにも、悲惨なところばかりとりあげますから…。

PRESIDENT (プレジデント) 2015年 1/12号
プレジデント社 (2014-12-22)

Comment
基本的にニュースって厭な話が多いんだ。
見ているとブルーになる。
そんな番組をどうして最近は3時間もかけて放送するのだろうと思う。
しかも同じことの繰り返しだったりして。
電波の無駄遣いだと思う今日この頃です(^▽^;)>゛





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947143

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM