2015.01.27 Tuesday

台湾の甲子園代表を知っていますか?[映画]KANO 1931海の向こうの甲子園

観てよかったと思える映画は多い、でも観て欲しいと言いたい映画は「KANO」。


KANO 1931海の向こうの甲子園』は1931年(昭和6年)台湾代表として甲子園に出場した嘉義農林学校(KONO)の生徒たちの成長と、民族の垣根を超えて彼らを導いた近藤監督との絆を描いた映画です。

KANO 1931海の向こうの甲子園』では、日本人があまり知らない、台湾と日本の歴史が描かれています。東日本大震災で驚異的とも言える多額の寄付が集まったのには、近年の親日ブームだけではなく、こうした古くからの絆のせいではないかと映画を見た後はそう思うです。

また、歴史的側面だけではなく、弱小チームが甲子園決勝まで到達するという、スポ根の王道ともいうべき展開(それも実話)がワクワクさせてくれるのです。3時間強と長い映画ではありますが、でも、いろいろな人に見て欲しい映画です。

KANO~1931 海の向こうの甲子園~(Blu-ray Disc)

中古価格
¥3,165から
(2018/8/21 15:15時点)





台湾と日本の蜜月


台湾歴史三部作の「海角七号 君想う、国境の南」が別れと再会、「セデック・バレ」が対立なら、3部作のラスト『KANO 1931海の向こうの甲子園』は蜜月だと思う。台湾と日本が絆で結ばれていた、本当の意味で一つの国だったころの。

映画の中では台湾人も先住民族も日本人も、みな同じようにグラウンドで汗を流し、嘉義の人々もまたそんな彼らを一丸となって応援していきます。

また、映画の中に登場し、生徒たちに激励を送る八田與一氏は、台湾のインフラ整備を行い、烏山頭ダムや灌漑設備を整備して、現地の人々から慕われた方でした。

嘉農(KONO)が台湾大会に優勝したその時、ダムの放水が始まり、水路に水が満たされます。干ばつが回避され、台湾代表が甲子園で活躍する。それはさまざまな対立や差別もあったけれど、みんながひとつになった短い幸せな時間だったのと思います。

小学館版学習まんが 八田與一

中古価格
¥1,152から
(2018/8/21 15:16時点)





1931年の甲子園決勝戦を目撃する


映画の後半、甲子園出場から決勝戦までが丹念に描かれます。忠実に再現された当時の甲子園球場で、決勝戦を戦う嘉農(KONO)の選手ですが、エースの呉は連投によって指を負傷。血だらけの指で投げつつける姿に、チームメイトたちは「俺達がアウトにするからお前は投げろ」と励まします。

その頃はまだ、テーピングとか絆創膏とかないんですよ、だから怪我のまま、投げ続けるしかない(;ω;` )
そんな嘉農(KONO)の選手たちの奮闘に、甲子園全体が彼らを応援します。最初は差別的な発言をしていた新聞記者まで「僕はすっかり嘉農(KONO)びいきとなった。」とまで言わしめます。

私も途中からすっかり、1931年の甲子園決勝を「本当に」観ているような気になり、「くっそう!中京商業めえ!(# ゚Д゚)」とか「誰か、呉くんにテーピングしてあげて!(;ω;` )」とか、かなりの嘉農(KONO)びいきっぷりでした。そして迎える最終回。

この辺りはもう、泣きながら見ていました。本当にいい試合でした。映画の最中ですが、彼らに拍手を送りたかったです。

映画「KANO」が結ぶ日台野球交流戦 〜嘉義大学vs.中京大学〜: 85年の時を経て、蘇る日本と台湾の縁 ワンコイン台湾小話




ほんとうの民族協和


「五族共和」という言葉があります。これは戦前、傀儡国家満州国が日本人や漢人、満州人などの協和を説いた嘘っぱちの言葉ですが、嘉農の野球チームには、民族の垣根を超えた本当の絆がありました。彼らはみな、同じ目的に向かって努力し、絆を深めていきました。

近藤監督は打撃力の台湾人、守備の日本人、俊足の先住民族、彼らの特性を見抜き、最強のチームを作り上げていきます。

協和とは、強制ではなく、信頼から生まれるものなのですよ、きっと。




KANO 1931海の向こうの甲子園

中古価格
¥474から
(2018/8/21 15:18時点)




「海角七号」「台湾カフェストーリー」に続き、中孝介がここでも楽曲披露。「海角七号」で主役のアガを演じたファン・イーチェンらと組んで主題歌を歌っています。

風になって~勇者的浪漫~

中古価格
¥483から
(2018/8/21 15:19時点)




台湾映画感想


「非情城市」→
「藍色夏恋」→
「百点恋歌」→
「台北カフェ・ストーリー」→
「台北に舞う雪」→
「海角七号 君想う、国境の南」→
「LOVE GO GO 愛情来了」→
「トロッコ」→


レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment
日月さん、こんにちは!
この映画、とても評判が良いですよね。
アジアの中で、結構嫌われ者の日本ですが、台湾の人は、親日でいらしてくれる・・というのが、本当に嬉しく有り難いです。
ずっと台湾に行きたいと思っているのにもかかわらず、なかなかタイミングやらなにやらで、行けずじまいなのですが、行った人が口をそろえて、とても良かった、人が親切で、食べ物もおいしくて・・・というのを聞いています。
これからも、そんな台湾の人に、失望されないように、もっと今以上に仲良くなれたらなーと思うのでした。
  • latifa
  • 2015/09/17 11:32





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947147
『KANO -1931海の向こうの甲子園-』 を鑑賞しました。 パスポートでの追い込み鑑賞です。 【ストーリー】  1929年、日本統治下にあった台湾で、近藤(永瀬正敏)は弱小チーム嘉義農林野球部の新監督に就任する。日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民の混成チームは
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2015/01/28 12:58 AM
全てを覆う球児のひたむきさに感涙せよ! 特に日本人には直球に胸に突き刺さる感動大作である。 本作は、日本統治時代の台湾原住民による抗日暴動をダイナミックに描いた『セデック・バレ』(11)が高い評価をえたウェイ・ダーションの脚本、プロデュース作。長編
  • 相木悟の映画評
  • 2015/01/28 2:39 AM
日本統治下の台湾、 甲子園に出場した嘉義農林学校野球部の実話を、 日台混合キャストで映画化した作品です。 永瀬正敏が野球部の監督を演じます。 彼の妻には坂井真紀。 近藤(永瀬正敏)が 弱小チームだった嘉義農林野球部の 新監督に就任。 1931年弱かったチ
  • 花ごよみ
  • 2015/01/28 11:09 AM
日本統治下の1931年、第17回全国中等学校優勝野球大会(現:全国高等学校野球選手権大会“夏の甲子園”)に台湾代表として初出場し、準優勝を飾った嘉義農林学校(嘉農)野球部の実話を描いた映画。 当時の時代背景の下、台湾映画であるにもかかわらず、セリフの殆どが
  • 勝手に映画評
  • 2015/01/28 10:52 PM
決して諦めない。さすれば釘を打たれたパパイヤは立派な実をつける。 こんな野球映画を待っていたのです。上映時間185分が短いと感じるほど濃密な高校野球映画を待っていたのです ...
  • こねたみっくす
  • 2015/01/29 10:54 PM
上映時間185分は長過ぎ。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2015/01/30 9:07 PM
 【ネタバレ注意】  凄いものを観てしまった。  それが『KANO 1931海の向こうの甲子園』を観た正直な感想だ。ウェイ・ダーション(魏徳聖)が監督した『セデック・バレ』を観てからずっと期待し続けてきた本作は、期待を裏切らないどころか、期待を遥かに上回る作
  • 映画のブログ
  • 2015/02/01 2:14 PM
1931、フィールド・オブ・ドリームス。 今から84年前の夏、日本統治下の台湾で、それまで一度も勝ったことのない弱小野球部が奇跡を起こす。 タイトルの「KANO」とは、台湾南部の嘉義農林学校の略称、嘉農のこと。 漢人、台湾先住民、日本人の混成チームである嘉農
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/02/04 11:50 PM
昨年台湾でヒットした野球映画が、日本でも公開された。 日本の植民地時代の台湾から、甲子園にやってきて、旋風を巻き起こしたチームがあった。嘉義農林 ...
  • 虎哲徒然日記
  • 2015/02/05 6:45 PM
「KANO 〜1931海の向こうの甲子園〜」を見てきました。 (あらすじ) 1929年、日本統治下にあった台湾で、近藤(永瀬正敏)は弱小チーム嘉義農林野球部の新監督に就任する。日本人、 ...
  • コウサする日々
  • 2015/02/05 9:06 PM
2月1日のファーストデーに、映画「KANO 〜1931海の向こうの甲子園〜」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2015/02/05 9:56 PM
 1931年、台湾南部の街・嘉義市。愛媛・松山出身の近藤兵太郎(永瀬正敏) は、嘉義農林学校野球部(嘉農=KANO)に監督として着任する。彼は高校野 球の名門・松山商業で甲子園出場経験もある人物だったが、KANOは未だ一 勝もしたことがない弱小チームだった。
  • 真紅のthinkingdays
  • 2015/02/07 9:03 AM
1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場し、決勝まで勝ち進んだ伝説のチームがある。 嘉義農林学校野球部KANO。 それまで1勝もしたことがなかった弱小チームが甲子園を目指し、大人達や他校の嘲笑をよそに予選で快進撃を始める。 その陰には、かつて名門の松山
  • CIMEMA LOVE
  • 2015/02/10 11:38 AM
日本統治下の1931年に台湾代表として見事甲子園出場を果たし、決勝まで進出した台南州立嘉義農林学校の実話を基に描く感動作。『セデック・バレ』2部作などを手掛けたヒットメーカーのウェイ・ダーションが製作総指揮を務め、野球を通して友情と強い絆を育む監督と部員
  • パピとママ映画のblog
  • 2015/02/16 11:11 AM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月6日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン4にて 14:50の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2015/02/17 8:53 PM
「甲子園に、台湾代表が出場していたことを知っていますか?」 本当にごめんなさい。知りませんでした。今やってる甲子園野球も、全く見てないくらい野球に興味が無いのもありますけれど。 『KANO 〜1931海の向こうの甲子園〜』を観てきました。 ★★★★★ そらそうで
  • そーれりぽーと
  • 2015/02/20 12:31 AM
 「バンクーバーの朝日」「アゲイン」と野球映画が続いていますが、もっとも出来がこなれておらず、SFXもちゃちで、突っ込みどころもあるのに、圧倒的な感動が押し寄せてくるのが本作でした。映画は技術よりもハートなのだなあ、としみじみ思いました。  作品情報
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2015/03/01 3:06 PM
 「セデック・バレ」で知られる俳優・馬志翔の監督デビュー作。1931年、大日本帝国統治時代の台湾で、甲子園出場を果たした嘉義農林学校(通称・嘉農)野球部の実話を基に映画化。 台湾制作ながら、永瀬正敏氏ら多くの日本人キャストが出演。時代背景から、その
  • 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
  • 2015/04/24 7:56 PM
昔、多国籍の学生が集まる台湾の高校が、甲子園に出場していたんですね。
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2015/09/17 11:15 AM

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM