極端に、短い物語集 「極短小説」スティーブ・モス ジョン・M・ダニエル

2015.02.25 Wednesday

0
    BSで放送中の「宮崎美子のすずらん本屋堂」のショート・ショート特集で紹介され、面白そうなので読んでみました。

    アメリカの週刊誌で募集した「55語小説」を集めたショート・ショート集。「SHORTEST STORIES」を、「極短小説」と訳したのは洒落がきいていますね。

    ショート・ショートとはいっても、SFからミステリ、恋愛小説まで幅広いジャンルの小説が揃っています。

    極端に、短い話。


    55語(語句?)という制約で、起承転結がしっかりとついていて、さくさく読めちゃいます。

    難点を言えば「玉石混交」。最後の行で見事にオチがついてあっと言わせるものから、正直「これどういう意味?」と首をひねってしまうものまで、面白いのとそうでないのとの差が大きい。

    あと、英語ならではの慣用句や、映画の知識がないとわかりづらいのもあるのですが、翻訳家の浅倉久志さんが巻末で解説をしてくれています。


    極短小説 (新潮文庫)
    極短小説 (新潮文庫)
    posted with amazlet at 15.02.24
    新潮社 売り上げランキング: 173,729



    「極短小説」は短い中でオチをつけるためか、どうしても内容がブラックなものが多いようです。読んでいて何かに似ているな、と思ったらこれでした↓

    新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)
    アンブローズ ビアス 岩波書店 売り上げランキング: 11,635


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    こんばんは^^
    すずらん本屋堂を見ている人に初めて会ったので嬉しかったです^m^本好きにはたまらない番組ですよね。
    この短編の朗読が素晴らしすぎてすぐに図書館に予約しました。
    やはり国の違いからかよく分からないのもありましたが^^;それでも面白かったです。
    良い作品に出会えました。
    • by 苗坊
    • 2015/02/26 9:14 PM
    苗坊さんへ

    すずらん本屋堂、いろいろな企画があって楽しい番組ですよね!

    今まで知らなかった本を紹介してもらえるので、毎回楽しみにしています。
    • by 日月
    • 2015/02/26 9:57 PM
    コメントする
    トラックバック
    極短小説 (新潮文庫)新潮社(2004-03)販売元:Amazon.co.jp 妻殺しを企む男を襲う恐怖のピロートーク、結婚か別離かの選択をコインにゆだねるカップル、サンタクロースへの手紙の山を抱え ...
    • 苗坊の徒然日記
    • 2015/02/26 9:06 PM
    この記事のトラックバックURL