2015.03.19 Thursday

古本屋さんに住む女の子の話。「森崎書店の日々」 八木沢 里志

映画も本も、どちらも面白い。
古書店を舞台に、傷ついた女の子の再生と成長を描いた「森崎書店の日々」は、もともと映画を先にみたのですが、とても面白かったので原作も読んでみました。小説の「森崎書店の日々」は、映画にはない面白みがありました。

森崎書店の日々 (小学館文庫)
八木沢 里志 小学館 (2010-09-07)売り上げランキング: 54,834



本ならではの、面白さがある「森崎書店の日々」


作者の書く文章表現が、ユニークで好きです。

森崎書店で暮らすことになった貴子が、部屋にうず高く積まれた本をみて「SF映画の未来都市みたい。」と、評したり、貴子が、本の面白さに目覚めたところなんかは、読んでいるこちらも、ぱあっと、視界が広がるような気持ちになりました。

本との出会いと、サトルおじさんとの再会は、貴子の人生に新しい世界の扉を開いてくれたのですね。


「桃子さんの帰還」


「森崎書店の日々」の後日譚。映画にもちょこっとでてきた、サトルおじさんと、出て行ってしまった奥さん、桃子さんとのお話です。

数年間出奔して行方しれずだったサトルおじさんの奥さん、桃子さんが突然帰ってきた。ひょうひょうとした桃子さんはいつの間にか貴子が使っていた2階の部屋に住み着いて、店を手伝い始める。

突然帰ってきた桃子さんの真意を探るため、サトルおじさんから桃子さんの様子を探るように頼まれる貴子だったが、逆に桃子さんのペースに乗せられて、一緒に旅行に行くことに。

一方、貴子にもある男性との出会いが訪れ…。

明るい感じの桃子さんですが、実は心にいろいろな傷を抱えています。貴子もつらい思いをいろいろしてきたから、桃子さんの気持ちを受け止めることができたのでしょうね。貴子の新しい恋がうまく行って欲しいと思います。

映画「森崎書店の日々」感想」→

森崎書店の日々 [DVD]
森崎書店の日々 [DVD]
posted with amazlet at 15.03.18
バンダイビジュアル (2012-05-25)売り上げランキング: 21,455

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947159

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM