「ケルトの白馬」 ローズマリー・サトクリフ

2015.04.15 Wednesday

0
    2015年本屋大賞を受賞した、上橋菜穂子さんにも影響を与えた、イギリスの作家ローズマリー・サトクリフ「第九軍団のワシ」を読んで以来、ローズマリー・サトクリフの描く物語の世界に惹かれています。

    「ケルトの白馬」は、「第九軍団のワシ」から200年くらい前のお話。イギリスに残る「アフィントンの白馬」の遺跡をモチーフに、その地に住むケルト人、イケニ族の若者・ルブリンが丘陵に「アフィントンの白馬」を描くまでのエピソードが描かれます。

    私はもともと、ケルトの紋様のデザインが好きでしたので、そうした紋様をつくった人々の話にも興味がありました。紀元前のイギリスでそれらの紋様は、どのように生まれ、かたちづくられていったのか。

    ローズマリー・サトクリフは、実在する出土品や遺跡から、それらを作り、使った人々の物語を紡ぎだすのが本当にうまいんですよ。まるで、歴史そのものを垣間見ているような気持ちになれます。

    「第九軍団のワシ」ほど、長くないので、さくっと読めます。

    「ケルトの白馬」あらすじ


    族長の息子、ルブリンは、幼いころから自然や動物が、作り出すかたちに興味をもち、独特の感性で描き残すことを好んだ。また彼は親友のダラとともに、商人から伝え聞いた北の大地と、先祖の冒険をなぞらえて、いつかの冒険に出ることを夢みていた。

    しかし、ダラが妹の夫として族長の継承者となり、一族もまた、南からの部族によって壊滅的被害を受ける。奴隷となったルブリンは、敵の族長にかけあい、丘に巨大な馬の姿を描くことで、一族を開放しようと試みる…。

    ケルトの氏族


    ルブリンが属するイケニ族は、馬の放牧を行う種族で、馬の女神をまつり、一族の長の継承者は女性。世継ぎの姫と結婚したものが族長となる、女性の血統が重視されています。他にも、吟遊詩人や賢者(ドルイド)なども登場し、まるで、ファンタジーの登場人物のようでした。



    図解 ケルト神話 (F-Files No.044)

    中古価格
    ¥950から
    (2020/3/21 18:59時点)





    私がはじめてケルト人を知ったのは、このマンガでした。

    クリスタル☆ドラゴン コミック 1-29巻セット

    中古価格
    ¥4,908から
    (2020/3/21 19:00時点)



    ローズマリー・サトクリフ作品
    『第九軍団のワシ』→
    『ローマとケルトの息子』→

    JUGEMテーマ:オススメの本


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする